アクセスランキング

【怖い話】銀行のATM横にある非常用電話に着信

   

自分の友人がつい最近体験した話です。

その日、友人I君は持ち合わせがなかったので銀行にお金をおろしに行きました。

あたりはもう薄暗くなっています。

そろそろ銀行のATMも閉まる時間です。

銀行に入ると時間が遅いためか客は自分しかいません。

窓口も閉まっているので、本当に一人です。

しかし皆さんも分かりますように、別に銀行に一人ではいっても全然怖くありませんよね?

I君も何も気にすることなく、お金をおろしていました。

その時です。

「トゥルルルル…トゥルルルル…」

いきなり非常用の電話が鳴り出しました。

I君はいきなりの事でびっくりしました。

出ようかどうか少し悩みました。

だって非常用の電話なんだけれども、周りは自分一人しかいないんですから。

しかしやはり出ようと受話器に手を伸ばし、取ろうとした時に電話は切れてしまいました。




「なんだぁ?何かの間違いだったんかな?」

そうI君は思い、外に出ようとしたその時

「おぎゃぁぁぁぁ…おぎゃぁぁぁぁ」

確かに赤ん坊の泣き声がするんです。

しかもさっきの非常用の電話から。

受話器も取ってないのに…。

I君はダッシュで学校に帰っていき(その日はサークルがあった)、息をきらしながら、このことを自分に話してくれました。

何か実際身近に起こるとあまり怖くないんだけど寒気しますね^^;

本当に何だったんでしょうか?





 

 - 怖い話/怪談 , ,