アクセスランキング

【怖い話】赤ん坊のころの記憶…何の怨みがあるのか…

      2016/12/12

私が生まれて間もない頃の話

なぜか記憶があるのです。

夢かもしれませんが。

赤ん坊の私が病院のベットに寝ていると、青空が見える窓の外から、

火に包まれた落ち武者風の男の首が病室の中に入ってきた。

不思議と恐怖は無かった。

病室には誰もいなくて、音もなかった。

その首は目を見開き、何かをブツブツ言いながら天井に近い高さの室内を、大きく円を描くようにぐるぐる回った。

時間の感覚が無く、どのくらい続いたかはわからない。




あるとき私の真上で止まったかと思うと、ゆっくりと降りてきて私の胸の中に入った。

そのあと呼吸が苦しくなるところで記憶は途切れている。

気になり母にそのころ何かなかったかと聞いたことがあって、母曰く、生まれた次の日に呼吸ができなくなり、生死の境をさまよった事があったらしい。

その十数年後の昨日、夢にその首が出ました。

笑っていました。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 ,