アクセスランキング

【怖い話】肝試しで使った梯子と足音

   

高校生の時、友人2人と有名な心霊スポットに行った時の話。

確か夏休みで、昼間に行った。

少なくとも外は明るかった。

噂ではレストランみたいなところって聞いていたが、目的地?に着いたら川沿いの防空壕だった。

多分防空壕だと思う。

梯子で降りて地下を探索する事ができた。

牢屋みたいなのが何個かと、外に出られる隙間があった。

怖い走り書きとかそういうものは特に無かった記憶。

隙間から明かりも少しあり、完全な暗闇でも無かった。

だけど、帰る時に梯子が無かった。

物音なんてしてなかったと思う。

今思い出すと怖いけど、何故か慌てずに隙間から普通に脱出した。

ていうか隙間あって良かったな…




それで、入り口に戻ってきたんだけど、中を覗いたら梯子普通に存在している。

多分怖かったんだと思う。

帰ろうって雰囲気になり、すぐそこに停めていた自転車に跨った時、足音が防空壕の中から聞こえた。

すごいゆっくりした音で、3人とも何秒か動かなかった。

足音が梯子を登るような音に変わった時、初めて身体が動けない程恐怖を感じた。

3人とも急いで自転車をこぎ、逃げ続けた。

その日は友人宅に泊まり、ママさんから塩をまいてもらったりもした。

特に後日談とかないけど、逃げてる時友人1人が自転車で転んだ。

当時は勝手にそれも霊的な仕業だと思っていた。

今思い返せば、誰かのイタズラとか偶然誰かが入ったのかな?とも思う。

それ以来肝試しはしていません。

長文、そこまで怖くないかもな話失礼しました。





 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , ,