アクセスランキング

【怖い話】絶対やってはいけない昆虫イジメ

   

昔の友達の話

子供のころ、バッタや蝶や蟷螂を捕まえては、少しづつ羽や脚をちぎって動けなくなるまで見て楽しんでやっていたそうな。

ある夜、部屋の真っ暗な片隅で、

『バタバタ!バタバタ!』

と小さな虫の羽音がした気がしてそいつは目がさめたんだと。




気が付くとその羽音は、部屋の中じゃなく窓の外から聞こえてきて、真夜中で電気を点けてないのになんで虫が飛んできたんやろ、と思って窓を開けてみたんだと。

窓の外は真っ暗で…

(家の前の外灯がきえてるんか?)

その思ったとたん大きな羽音だけがして、思いっきり顔に生臭い風が吹き付けてきてバチバチバチ!って顔に棘が刺さったような気がして、あわてて窓を閉めたんだと。

おっかなくなって、母親のとこに行こうとしたら、ブーンブーンって音が頭の上で唸ってて。

それも何十匹もの虫の羽音に聞こえてきて、思わず電気を点けたんだと。

でも、部屋の中には虫はおろか蚊一匹もいなかったと。

朝まで「ごめんなさい」って謝り続けて、二度と昆虫採集はやらないと誓ったんだと。




 

 - 怖い話/怪談 , ,