アクセスランキング

【怖い話】百物語のろうそくが消えた時起こる事

   

もう5年くらい前だろうか。

俺は怪談話が好きな奴らと百物語をやった。

場所はあるアパート。

メンバーのひとりが借りているそのアパートは全部で六世帯の大きさで、その部屋は2階の真ん中。

両隣は空家だったので、少しくらい騒いでも平気だろうと集まったのである。

メンバーは俺を含めて7人。

午後10時を過ぎた頃から百物語は始まった。

最初のうちこそ半ば面白半分に話を進めていったが、一話一話と怪談が語られているうちに、部屋には徐々に緊張感が高まっていった。

話が30話を越えたとき、家鳴りがした。

よくあることだ。

気温の変化等で家が軋むことは珍しくない。

誰もがそう思ったのだろう。

ちょっとびっくりしたことは確かだが、そのまま話は進んでいった。

怪談は、どこかで聞いたことがあるな、といったものも多かったが、さすがは怪談マニアが集まっただけあって、掛け値なしに背筋が寒くなるような逸品もあった。

時間は刻々と過ぎて行き、時計の針も0時を回った。

ろうそく百本を持ち込むのはちょっと無理があったので、一人一本づつ用意し、七話終るごとに一旦消したろうそくに再び火を灯していった。

話はほんの1~2分で終ってしまうものから、10分近くの長さのものまでいろいろとあったが、この狂宴もそろそろ大詰めに差し掛かろうというとき、小さな齟齬が起きた。




七本のろうそくが消えてたとき、ある者は

「これでラスト二話だね」

といい、またある者は

「まだ、九話残っている」

と言ったのだ。

カーテンの隙間から見える空はかすかに白みはじめていた。

なんか白けた雰囲気になってしまった。

それでも、あと二話は話そうということになり、二本のろうそくに火が灯された。

一本のろうそくが消え、残り一本となった。

最後の話は、昔、ある村で数人の幼子たちが遊んでいるとき、突然の山崩れに巻き込まれて子供たち全員が死亡。

その後、その村はダム湖に沈むこととなり、月日が経ったある日、子を亡くした年老いた親たちが湖を訪れたとき、水面を死んだ子供たちが歩いて渡った、という、恐いというより、物悲しい話であった。

そして、ろうそくが消えた。

その瞬間、俺は何も感じることはなかった。

だが、何人かが一斉に顔をあげて周囲を見回す仕草をした。

何か起こったのか?

と俺は聞いてみた。

ひとりが、空耳かもしれないが、声が聞こえたと言った。

俺も、俺もだ、と、さらにふたりが口を揃えた。

俺は、ふとした考えから、声が聞こえたと言う奴らに、一斉に何が聞こえたか言ってみな、と促した。

ちいさく、せーの、という掛け声が掛かったあと、3人は声を揃えた。

「とおりゃんせ、とおりゃんせ…」




 

 - 怖い話/怪談 , ,