アクセスランキング

【怖い話】無神経な親父の配慮

   

ずっと昔、聞いた話です。

たしか九州の人で、お父さんが不動産屋をやっていたそうです。

そのお父さんが息子のために家を用意してあげたそうです。

息子さんは絵描きか作家だったと思います。

で、アトリエを見つけてやったぞ、と。

仕事場はそこを使うといい、と。

一緒に車に乗り、国道を走ると、横道に入っていきました。

すると

道の両側が竹やぶで、その間をずーっと走っていくと竹やぶが開けて、その真ん中に家が建っていたそうです。

その家は見るからにぼろぼろで不気味で、息子さんは

「ここはやめたほうがいい!とてもこんなところは使えない!」

とお父さんに言いました。

残念そうにしていたお父さんと、そのまま自宅へ帰っていきました。

その晩、寝ていると空を飛ぶ夢を見たそうです。

夜空は晴れていて、綺麗な満月だったのですが、急に下降して、ざーっと竹やぶの間を飛んだそうです。

「見たことがある。昼間に来たところだ。」

と思っていたら月明かりに照らされた家の前、玄関にぽつんと立っていたそうです。

何でこんなところに立っているんだろうと思っていると、

横のほうの、庭に面している縁側のふすまが、すとん、と開いて、

その中から浴衣を着た、ものすごくやせ細った中年の男が、ヒョコッ、ヒョコッ、と出てきてそのまま縁側から庭へ、ぽん、と降りたそうです。

変な動きで、まるで操り人形みたいな妙な動きで、ヒョコッ、ヒョコッと彼の前を通り過ぎていきました。

で、この男の形状がおかしい。




まず異常なほどのなで肩で、すうっとした体つき。

これは何だっ、てくらい不気味な形。

ものすごい青白い顔色。

その男がヒョコッ、ヒョコッと引き返して来て再び縁側に乗り、トントントンと行ってふすまがシャッと閉まると、そこで目が覚めたそうです。

これは何かある!と父親を問い詰めたら

「昔、首吊りがあった。」

それは首吊りの首だったんでしょうね。

なで肩だと思ったのは、

異常に伸びた首だったんだと、

そのとき思ったそうです。




 

 - 猟奇的な話 , , ,