アクセスランキング

【怖い話】沖合○kmの場所は決して行ってはいけない

   

一昨年の夏に海釣りに出掛けた。

その頃船舶免許取りたての俺は親戚から船を借りて行った。

朝の6時頃一人で出発した俺は早速沖合に出掛ける。

出発時は”快晴”そのものだった。

免許取得前までは船宿のお世話になっていたのである程度の漁場は知っていた。

行くと知ってる船宿の船長と会った。

普通に会話した後最後に

「○○岬の沖合○kmの場所は行くな。」

と言われた。

確かに数年船宿に通い続けてたがその漁場は行った事が無かった。

俺は言われた通り近くに行かない様にしていた。

暫く一人で釣りをしていると、天気が悪くなり暗くなってきた。

勿論そんな事は海なら日常茶飯事に起きる事だから気にも留めて居ないはずなのだが、その日は暗いと言うより”紫色”に近い感じだった。

そして突然の大雨に…

帰港しようと思いGPSで位置を確認しようとすると、居る位置とは全く違う場所で認識していた。

その場所は知り合いの船長から行くなと言われた場所だった。




実際その場所からは10km以上離れた場所に居たはずなので流されるとしても考えられない。

目標物を見つけて無線で位置確認しようとすると無線も電源が入らず使えない状況となった。

船室であれこれやっていると、雨は止んだ。

しかし周辺は”紫色”のままであった。

外を見てみるとゴミが沢山浮いていた…

しかし凝視してみるとゴミでは無い

人の頭部のみ水面上に出て長いと思われる髪の毛がユラユラと漂っていた。

ヤバイ!

と思った俺はすぐに船を動かした。

すると前方に行く先を阻む様に女が水面で立っていた。

電源が入っていない無線から

「オマエハカエサナイ…オマエハココデシンデイケ」

とまるでテレビで見る様な声が入ってきた。

俺はエンジンを掛けて船先が上がる位の急発進をしてその場を逃げる事が出来た。

少し経つとまた天気は快晴になった。

GPSも無線も普通に作動している。

帰った後知り合いの船長の所でその話をした。

「やっぱり…俺もこの辺の漁師も必ず経験してる事なんだよ」

その日は一日中天気は良かったそうです。

それっきり船を出してもその様な事は全く起きなくなったのですが、今でも時々その女の霊が夢の中に出て来ます。

俺の足を掴み海の中に引き込もうとする夢を。

そしてその夢を見た次の日は必ず足首にアザが付いてます…





 

 - 怖い話/怪談 , ,