アクセスランキング

【怖い話】拾った携帯の落とし主から毎晩電話がかかってきて…

   

ある日、趣味のバス釣りで郊外の池に来ていた。

そこで携帯電話を拾った。
携帯は操作ロックがかかってる。
夜、約束があったから翌日警察に届ける事にした。

夜中にその携帯に着信があったようだ。
マナーバイブの振動がテーブルから聞こえたからだ。
朝早めに起きて、駅前の交番に届けた。

一週間ほど過ぎた夜、俺の携帯に知らない番号から着信があった。
出るとあの携帯電話の落し主だった。

相手は中年っぽい男性だ。
お礼がしたいとしきりに言われるが、丁寧にお断りした。

次の夜もその次の夜も男性からまた電話があった。
あまりのしつこさに腹が立ち電話が鳴ったが出なかった。

すぐ部屋を出て駅前の交番に行った。
何度もお礼のお断りをしてるのにしつこいから迷惑だと。
警察官が書類を出してきて、怪訝そうな顔で俺を見る。

その携帯電話の持ち主はまだ表れてませんよ。

そう言って奥のロッカーからその携帯電話を持ってきて見せてくれた。

意味が解らなかった。
事情を話しながら自分の携帯を出し着信履歴から掛けた。
机の上のその携帯が振動され呼び出されている。
警察官も不思議そうな顔して見てたが、とりあえずその番号を控えるだけだった。

あとはお決まりの言葉で、調べときますねと言われ帰宅した。
その夜だ。夜いきなりドンドンドンと玄関を叩く音で起きた。

「お礼させてくださいよ~」

あの男だ。
なぜ俺の住所が解ったんだと嫌な汗が湧き出た。
ドア越しに、お礼ってまだ携帯とりに行ってないじゃないですかと言った。

「早く俺を見つけてお礼させてくださいよ~」

俺を見つけてってそこにいるじゃないですか。




そう言うと、

「俺はここじゃない。早く見つけてくださいよ~」

怖くなり布団を被り朝まで震えてた。

翌朝、警察から話が聞きたいと電話が入った。
交番に行き、地図を広げ拾った付近を教えた。
その夜、また警察から電話があった。

その池から溺死体が見つかったと。

携帯番号から持ち主を探すと捜索願いが出てたと。
その男は、携帯ビジネスで騙され自殺したがってたと。

翌日、花を持ってその池に行った。
見つかったけどお礼には来ないでください。
心の中で言って手を合わせた。

なんで俺の部屋が解ったんだろ?フッと口から出た。
耳元で聞こえた

「電話したからだよ」

ゾクッとした。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , ,