アクセスランキング

【怖い話】悲惨な事故現場で肝試しをした結果…

   

すごく恐いかは、わかりませんが、一昨年の夏に友人と体験したことです。

私は、体験した本人として、恐ろしくてしょうがないので、誰かに聞いてほしいんです。

一昨年の夏、大学が夏休みになったので、同じゼミの男友達A、Bと私の3人でAの実家に遊びにいくことになりました。

Aの実家は東北の岩手県で大学からは、少し遠いので、2泊3日の予定で、岩手を観光する予定でした。

Aの実家はかなりの田舎でした。

近くにきれいな小川があったので、到着したその日は、釣りをしてすごしました。

そして、その日の夜、Aの知り合いの地元の女の子2人と、庭先で花火をしたあと、

Aが

「肝試ししよう」

と言いだしました。

Aの話によると、Aの家から車で40分ほどいった山の中に、以前飛行機が落ちて、かなりの死者が出たと場所がある、とのことでした。

わたしは、そのとき

「え~?岩手で飛行機落ちたなんて、聞いたことないよ」

と、Aの話を冗談だと思いました(後で本当にあった事件だとわかるのですが)

わたしは、最初は行く気がしませんでしたが、2人の女の子が、恐がりながらも、賛成した様子だったので、嫌とは言えず、行くことに賛成しました。

Aは、このときは

「せっかく何もない自分の実家に来てくれたんだから、なにか楽しませよう」

という気持ちだったそうです。

Aの運転する車に乗って、町道を抜けて、街灯が全くない、山に入り込んでいく林道を20分ほど進みました。

そこで車止めに車を止めたAは、

「この先をちょっと歩いて行ったところだよ」

と言います。

車から降りたわたしとBはそれぞれ懐中電灯とヘッドライトを持ち、林道の脇の幅2メートルくらいの舗装されていない、小道に入っていこうとしました。

現場に着くまでは乗り気だった2人の女の子は、着いたのが思った以上に山の中だったので、特に1人の女の子が恐がりだし、結局、もう1人が面倒を見て、車に残り、A,Bとわたしの3人だけで山に入ることになりました。

私達3人は、野外での調査が中心の生物系のゼミなので、ライトさえあれば、舗装されていない山道でも、慣れていました。

山道を歩いている途中、Aは

「自衛隊の飛行機と民間機が空中衝突して、そのままバラバラになって落ちたんだ。近所の人が残骸の回収を手伝ったらしいけど、人の体の部分とかが木に引っ掛かってたりしてたらしいよ」

と話しました。

その話が恐かったせいか、Bは

「おれちょっとションベン」

と言って、道の脇の小川が流れる小さなくぼみのほうへ降りて行きました。

その時、Aが黙ってわたしの袖を引っ張り、道の反対側の木の陰を指さしています。

「隠れて、帰ってきたら驚かそう」

ということです。

わたしも笑いを押し殺しながら、懐中電灯を消して、木の陰に隠れました。

そして、ようをたしたBがくぼみから上がってきました。

Bは

「あれ?なんだよ!隠れたの?!」

と多少混乱した様子です。

Bはヘッドライトをつけていたので、その明るさがあるぶん、落ち着いているようです。

それでも、かなり恐いのか

「おい!ふざけんなって!でてこいよ!」

と大きな声で怒鳴っています。

Bが次第にキレてきたので、Aとわたしは

「出ていくか?」

と思い、出ていこうとしたときです。

「なんだよ、そんなとこにいたのかよ!」

とBが言います。

「あ、ばれた」

と思い、わたしが懐中電灯をつけて出ていこうとしたところ、Bが道の先にある茂みに向かってどんどん歩いていきます。

そして、茂みをかき分け、Bはどんどん私達とは関係ない方向に進んでいくのです。

「ははは、あいつ馬鹿じゃねーの?何勘違いしてんだ?ハハハ」

とAとわたしは、最初笑いをかみ殺していましたが、Bが人間の身長とほぼ同じくらいの笹ヤブをかきわけて、Bのヘッドライトの明かりが、笹の間から見えるようになると、笑ってはいられなくなりました。

Bが進んでいるのは、密集した笹ヤブです。

例え、昼間であっても、その先に私達がいても、絶対に見えるわけがありません。

何か変だと気付きました。

そうです、この時点で、何かおかしかったんです。

Aとわたしは、隠れていた木の陰から出て、ヘッドライトの明かりがもれてくる笹ヤブに向かって走りました。

そして、明かりの方向に向かって笹ヤブをかきわけました。

密集した笹が引っ掛かり、なかなか進めいないのをもどかしく感じます。

もちろん、Aもわたしも

「おい、B!違うって!」

と大声で叫びながらですが、Bは進んでいくのです。




Aがわたしより先にBに追いつきBに声をかけました。

でも、聞こえてくる会話が要領をえません。

わたしも必死に追いつき

「B!お前何やってんだよ!!」

と怒鳴りつけました。

Bはきょとんとして

「いや、おまえらこっちにいただろ?」

と聞き返す始末です。

しかもBの手は、素手で笹をかき分けたため、血まみれでした(わたしとAも手と顔を切っていました)

「とにかく帰るぞ!」

Aが言い、わたしもBも笹ヤブから急いで抜けだし、来た道を、何度も転びながら、それでも走って駆け下りました。

車にたどり着いたときは、3人とも土まみれでした。

驚く女の子達に

「後から話すから」

とだけ答え、Aは傷だらけの手でハンドルを握り、Aの家まで帰りました。

帰りの車では、誰も話をしませんでした。

Aの家につき、Bから話を聞こうとしました。

でも、この時点で、Bは自分が何をしたのか、だいたいわかっているようで、ものすごくふるえていました。

「お前達がいたんだって!笹ヤブなんかじゃねーよ!道だったって!こっち来い、ってお前らが手ふってたんだよ!後は知らねーって」

Bはこれだけを話していました。

帰ってきた私達の様子が普通じゃないことに気付いたAの母親に、笹ヤブのことは話さず、

「肝試しにいった」

ということだけ話すと、Aの母親は厳しい顔をして、

「馬鹿にしたり笑ったりしちゃ、駄目なものもあるんだ」

といって、庭に生えていた松のような棘のある木の枝で私たち3人をしばらく叩いてくれました。

「おまじないだから」

とAの母はいっていました。

その後、変わったことはありませんが、今でも、山にいくと、この時のことが思い出されて、恐くなるときがあります。

もう、死人を馬鹿にするようなことは、絶対にしません。




 

 - 怖い話/怪談 , , , ,