アクセスランキング

【怖い話】悲しい恋人の幽霊

   

ちょっと長いけど昔メルマガで読んだ怖かった話。

この話はもう十年以上前になります。

やっと人に話す気になりました。

自分の生涯で最も恐怖を覚えた体験であり、二度と味わいたく無い体験でもあります…。

自分はある合コンがきっかけで、一人の女性と知り合いました。

その女(ひと)は、どこか物悲しい感じで盛り上がったコンパの場でどこか浮いた感じがしたのです。

少し気になり声を掛け家まで送って行ってから、関係が始まりました。

その女(ひと)が自分に惚れてくれたのです。

決してその女(ひと)は自分の好みでは無かったのですが、女にもてない自分は、こんなに女から惚れられた事は初めてであり、長い間彼女がいない事がコンプレックスだった自分は兎に角彼女が欲しいと言う一念でその女と交際を始めました。

しかし、それは大変な間違いだったのです。

彼女の真剣な気持ちに対し、極めて安易ないい加減な気持ちで答えてしまった事が大変な過ちだったのです。

しかしその時は後になってこんな恐ろしい酷い目に会うとは想像すらできませんでした。

実にいい加減な思いで付き合い始めたのです。

半年経つと、もう飽きてきて、彼女の愛情が鬱陶しく思えて来ました。

彼女は非常に頭と勘が良く感性豊かな女性ですが、その分どこかヒステリックな雰囲気がありました。

次第にそんな雰囲気が鼻に付いて来て

「もう、こんな関係は終わりにしたいな」

と思い始めていました。

しかし彼女の愛情はそんな私の思いと反比例して激しくなる一方。

ある日、電話で話している時に彼女の愛情に十分答えていない自分に対し彼女は激しい怒りをぶつけて来たのです。

いくら、なだめようとしても彼女はますますヒステリックになり、しまいに怒鳴り散らし始めました。

耐え切れず電話を切っても、直ぐに電話が掛かってきます。

翌日朝非常に大事な商談を控えていた私は仕方なく電話線を抜きました。

そしてやっと寝付いた午前3時頃、切ったはずの電話から彼女の声で

「死んでやる、死んでやる」

と続けて聞こえて来たのです。

兎に角恐くて、布団をかぶっていると最後に

「殺す、こーろーすー」

と聞こえて来るではありませんか、もう恐怖でその日はろくに眠る事ができませんでした。

彼女の自殺を知ったのはその日の昼過ぎです。

どうしても昨夜の事が気になり彼女の家に電話をした所

「昨日深夜、近くの川に身を投げ自殺を謀り、発見が遅かった為助からなかった、なんで死んでしまったの」

と彼女母親に涙声で告げられました。

それを聞いた時のショックは到底表現できません。

正に頭をハンマーで打ち据えられた感じです。

あまりの後ろめたさに、御通夜にも行けませんでした。

私はなんとか、彼女の事を忘れようと努めました。

そして(彼女の死は自分の責任では無い、他に原因があったか、彼女自身が原因なのだ)と自分に都合よく思い込ませました。

彼女の死を悼む思いよりも、死の直前彼女怒鳴り散らし、そしてそのまま自ら死に至った狂気に対する恐怖。

少なくとも自分がその引き金になってしまったのは否定できません。

そして彼女が自殺した同じ時間に、自分に伝えられた

「死んでやる、殺す」

と言うメッセージ、それらの恐怖が遥かに大きかったのです。

それから2ヶ月程絶ちそのショックがようやく薄らいで来た頃、本当の恐怖が始まったのです。

ようやく夜眠れるようになって来たその晩、深夜にいきなり電話が鳴ったのです。

実に悪い予感と悪感が全身を走りるのを感じながら電話を見ると、電話が青白くぼんやりと光っています。

恐る恐る電話を取ると、

「ザァー、ザァー」

と水の流れる音と聞こえるか聞こえないか位の小さな声、ゾーッとした私は慌てて電話を切り

「これは単なる悪戯電話だ」

と思い込む様にしました。

しかしそれから7日間その無言電話は続きました。

決まって午前3時頃で水の流れる音と共に聞こえていた小さな声が日毎に次第に大きくなって来ます。

たまりかねた私は8日目から夜、電話線を切って寝るようにしました。

よく深夜に悪友から電話がある私はできればそうしたくは無かったのですが、それから4日間は何事も無く過ぎたのです。

しかし、5日目の深夜3時、線を切っているはずの電話が鳴り始めたのです。

どうしていいか分からず兎角電話を取りました、悪戯電話であると思い込ましていた私は

「おい!いい加減にしろ、こんな事をして何が楽しいんだ」

と電話口に怒鳴りました。

すると今度ははっきりと

「楽しい訳ないよー、苦しいよ、悲しーよー、寂しいよー」

と聞こえて来たのです。

その声、口調は正しく死んだはずの彼女の物です。

正に冷や水を浴びせられた様にゾーッとした私は、電話を切るなりなるべく遠くへ電話を蹴飛ばしました。

しかししばらくして又電話が鳴り始めたのです。

もう、電話を取る勇気も無く、頭から布団をかぶり震えていると、電話の音が徐々に近くなってきて、不意に右腕を冷たい手に捕まれたのです。

布団を跳ね退けて見ると、いつのまにか電話が自分の手元に戻って来ていて、青白く光っています。

受話器を取ってもいないのに電話が彼女自身であるかのように私に彼女の声で私に語りかけます

「なんで来てくれないの、なんで話をしてくれないのー」

恐怖の為半狂乱になった私は再び今度は寝室のドアを開け玄関に続くキッチンに出て玄関まで電話を蹴飛ばしドアを閉め、布団をかぶって震えながら夜を明かしました。

次の日私はよほど電話を捨てようかと思ったのですが、そんな事をすれば、もっと酷い目に会うような気がして、彼女の霊が乗り移っていると思われるその電話をアパートの下の駐車場にある自分の車のトランクの中に押し込めてから寝ました。

当然、眠れる訳がありません。

しかしここ数日の寝不足で身体は疲れきっています。

なんとか眠るように努めていると問題の午前3時が近づいてきました。

そして3時ウトウトとしていた私は聞こえるはずも無い下の駐車場の私の車のトランクを中から

”コンコン、コンコン”

と叩く音が聞こえて来るではないですか。

ハッとして完全に目が覚めてしまった私は身を起こそうとしましたが、そのとたん俗に言う金縛りになってしまったのです。

金縛りは非常に身体が疲れている時、頭よりも先に身体が眠ってしまうか、頭が目覚めたのに身体が目覚めない為に起こってしまう現象である事は知っていて、今まで何度も金縛りになった事がありますが、不味い時になってしまいました。

指でも何処でも身体の一個所に神経を集中させそこをピクリとでも動かすと解けるので、なんとかその方法で解こうと試みたのですが全然解けません。

その間もトントンと言う音が続き、そして聞こえるはずのないトランクの中から、彼女の声が、かすかに聞こえて来ました

「寒いよー、寂しいよー、ここに来てよー、私と話をしてよー」

繰り返し、繰り返し執拗に言い続けます

「ここから出してよー」

私は声も出ないので心の中で

「嫌だ、絶対に嫌だ」

といい続けました。

すると

「なんで来てくんないの、なんで!!じゃあ私から今から行くよ」

彼女がトランクから出てアパートの下に立ったのが何故か分かりました

そして2階の私の部屋に向け階段をゆっくりと昇ってくる音が聞こえます、トン…トン、、トンと

「許してくれ、頼むから許してくれ」

と心でいい続けたのですが彼女は階段を上り詰め二階の通路を引きずるように歩きとうとう私の部屋の入り口に立ったのです。

「開けて、早く開けてよ」

ドアをトントンと叩き続けます。そしてか弱い声で

「なんで開けてくれないの、なんで入れてくれないの」

「頼むから許してくれ来ないでくれ」

と念じ続けたのですが

「駄目、開けてくれないなら、自分で開けるよ」

やがて、鍵をしているはずのドアがガチャと開く音がして玄関からキッチンへ彼女が入って来ました。

キッチンを引きずるようにゆっくり歩きとうとう寝室のドアの前に立ったのです、

「さあ、中に入れて、早く」

「俺が悪かった、悪かった、だからもう許してくれ、頼むから来ないでくれ」

私は必死に念じ続けました、しかし彼女はドアの前でか弱い声

「何が悪かったと言うの、私がこんなに好きだったのに、貴方は答えてくれなかった、そして最後は逃げた、そして今は私を追い出そうっていうの、私はそう言うのが…」

急に声が大きく、強くなり、そして私の枕元で

「許せないのよ!!」

と聞こえ不意に私の頭の真上に彼女が姿を現したのです。

全身ずぶ濡れで、顔は真っ青でむくんだ様に膨れ上がり、そしてその顔の半分以上が紫に腐食し肉がズブズブになり、一部骨まで見えています。

両目だけが異様に青白く光り憎悪のこもった目で私を見降ろしています。

私は生涯でこれ以上おぞましく恐ろしい物は見たことも無く、また将来絶対見たくありません。

全身が凍り付き、脳味噌が破裂したような感じです。

目を閉じてもなぜか、その姿が消えず逆にはっきり見えるような気さえします。

「本当に悪かった、もう、なんでもします、だから許してくれ」

「何が悪かったって言うの、なんでもするって言うなら私と一緒に来てくれるよね、さあー」

「嫌だ、それだけは嫌だ、許してくれ」

「いいえ、そうやって逃げるところが、許せないわ」

枕元に立っていた彼女は、すうーと座り込み私にその顔を近づけて来ました。

いくら逃げたくても身体が動かない、目も閉じれない、彼女の顔がだんだん近づいて来る。

「さあ、一緒に行こう貴方も死んで」

まさに接吻する位の所まで顔を近づけ彼女が迫る、神を信じぬ私ですが

「神様、神様、助けて下さい、俺はまだ死にたくない」

と叫び続けました。

あまりの恐怖の為気を失ってしまったのか、人間耐え切れない恐怖の記憶は飛ぶと言うが、飛んでしまったのが、無限のように長く思える恐怖の時間の後、短い空間の時があり、ただ最後に

「又、明日来る」

と彼女が言ったのを覚えていますが、気が付くと朝でした。

今まで太陽がこれほど有り難いと思った事はありません。

とにかく生きている事を確認しましたが、全身は水を被ったように濡れています。

汗なのか、それにしても水の量が多すぎる。

そして枕元にも水が溜まっています。

玄関もキッチンも細長く水の後が付いています。

もう精神的にボロボロの私はシャワーを浴びる気にも、水を拭き取る気にもなれません。

何があっても仕事を休まないタフさだけが取り柄だった私ですが、到底会社にも行けそうにありません。

全身を恐怖と悪寒が包みトイレに行くのも大変な位です。

這い出すように布団から抜け出し、外に出てアパートの前に公衆電話から会社に休みを告げる電話を入れました。

その日大事な商談があった事も有り、電話口で課長が血も涙も無い叱責をくれます。

しかし、私にとって天敵とも言える課長の怒鳴り声でさえ何故かほっとする、優しい調べに聞こえ

「課長、なんでも良いから自分を助けて下さい」

と言いたくなる程でした。

そしてなんとか布団に戻り夕方まで寝ているとも起きているとも言えない時間を過ごし、あの最大の救いである太陽が沈み始めてきました。

彼女の

「また、明日来る」

という台詞が思い出されて来ます。

私は思い切って布団から抜け出しシャワーを浴び、着替えると横の酒屋に行き酒をたんまり買い込んで来ました。

そして夕方から酒を飲み始めたのです。

こう言う時に酒とは有り難いもので、泥酔して行くに従って、恐怖と悪寒が徐々に和らいで来ました。

そして彼女の亡霊に対しての恐怖が怒りに変わって来たのです。

「俺が一体何をしたと言うのだ、彼女に対し、何か酷い仕打ちをした訳でも無い、自分なりに誠意を持って接していた。ただ彼女の思いを十分に受け取れ無かったと言うだけで、なんでこんな目にあわなきゃならいんだ」

事実私はあの無言電話が掛り始めてから今日までろくに仕事も手に付かずミスをし続け、そして今日商談を一方的にキャンセルする事となり、少なからず自分の信用を失ってしまいました。

そしてここ最近ろくに眠れず、食欲も無く周りから

「一体どうしたの何があったの」

と言われる程やつれていまいました。

しかし本当は恐がりなのに日頃からタフさと豪快さを売り物にしている私は到底、幽霊に悩まされているなどと人に相談できず、またそんな事を打ち明ける友人も無く、精神的に追い込まれ続けて来ました。

酒とは場合によっては偉大な物で人の身を破滅させる事があるのは衆知の事ですが、酒が人を救ってくれる事もあるのです。

酔いが進むに従って恐怖は完全に消え、怒りが開き直りと、居直りに変わって来ました。

「くそー、来るなら来やがれ、失恋程度で死ぬなら、どっちにしろこの先生きて行ける訳、ねえじゃねいか、それで勝手に人を怨んでも知るかよ、俺には何の非も無い、クソー、出て来たらぶっ殺してやる、しかしもう死んでんだから、これ以上殺しようがないよなー、死んだ者をもう一度殺すにはどうすればいいのかなー」

朦朧とする頭で訳の分ら無い事を考えて居る内に酒量が自分の許容量を超えたのか、頭が渦巻きの様にグルングルン揺れるのを感じ、猛烈に気持ち悪くなって来ました。

トイレに行き吐き、洗面所で顔を洗っていると、不意に後ろに冷たい物を感じ鏡を見ると、なんと私の後ろに私の顔の2倍位の彼女の真っ青な顔があり恨めしそうにみているじゃないですか。

強烈にゾーッとした物の、それでも酔いが醒めないくらい泥酔していた私は

「失せろ」

と怒鳴り振り向き様後ろを殴り付けました。

当然なんの手応えも無く彼女の顔は消えています。

寝室に戻った私は、少し醒めた酔いを補充すべく、速いピッチで酒を煽り続け、本当に訳が分らなく成る程に更に泥酔して行きました。

煙草に火を付けては置いて、また次の煙草に火を付け、灰皿に煙の立つ煙草を4、5本ならべ又新たな煙草に火を付けたその時、突如部屋の電気とテレビが消えたのです。

天井から

「酷いじゃないのー」

と言う彼女の声が聞こえ、空から舞い降りるように、私の目前に彼女が降り立ったのです。

私はもう恐怖を感じる事が出来ない程酔っ払っていたのですが、さすがに凄まじい悪寒が全身を走ります。

しかしここが勝負で負ければ死だと思い直した私は、何か言いかけた幽霊に

「ふざけるな!この化け物が!勝手に狂って、勝手に死んで!!俺の知ったこっちゃねーよ!!消え失せろ、二度と俺の目の前に顔を出すな」

と狂ったように怒鳴りつけ、手元のグラスを投げ付けました、すると彼女は蚊の泣くような声で

「酷い…貴方は、分ってくれると思ったのに」

と言い、段々と私から離れて行きます。

今の一喝で全ての自分のエネルギーと酒のエネルギーを使った私が放心した様に見ていると、彼女はその目から綺麗な涙を流し始めました。

そして綺麗な声で

「さよなら」

と告げたのです。

その顔は昨日の様な腐食した顔では無く生前の彼女の顔より美しい顔で、私達が初めてデートした時と同じ服を着ていました。

それが懐かしく、ふと彼女に対し、可哀相で、いとおしい気になり、私も泣いていました。

それを見て彼女は今まで見た事も無いほどの美しく、そして愛らしい微笑みを浮かべ

「私の為に泣いてくれるんだ、嬉しいー、もうそれで十分だよ」

なんて、健気で愛くるしい台詞でしょうか。

でも彼女に対する、いとおしい気持ちを自分の中で押し殺し

「永遠に、さようなら」

と告げたその時、彼女は天に昇るかのように消えて行きました。

いつのまにか部屋に朝日が射してしました。

現在、極めて安易で御手軽な、その時だけが楽しければ良い、そんな男女関係が流行のようです。

それを敢えて批判する気は毛頭ありませんが、人に対する愛情と言う人間の根本的な物は過去も昔も未来永劫変わるものでは無く、流行などと言う物とは最も無縁な物と思います。

私がこの経験によって受けた心の傷は今も、そして、これから死ぬまでずっと消える事がないでしょうが、彼女が最後に私にくれたあの愛くるしく優しい笑顔が私にとっては救いになっていて、忘れる事が出来ません。

 

 - 怖い話/怪談 , , , , , , , ,