アクセスランキング

【怖い話】引越したアパートにいる天袋の女の子

      2016/07/13

15年前に体験した話です。

ちょっと長くなるけどお付き合いよろしく。

大学卒業後、就職先の近くにアパートを借りることにしました。

しかし、不動産屋の手違いからか入居予定だった部屋には、違う人が入居していました。

職場に近いアパートを紹介してもらい、敷金・礼金と家賃の2か月分はお詫びという形で不動産屋が負担してくれました。

2階建ての木造アパートで、外見はかなりひどいものでしたが、部屋はリフォームされてあり、まずまずでした。

私の部屋は1階の東側で、日当たりもよく風通しの良いところです。

玄関を開けると右側に洗面所6畳ほどの台所、奥には6畳の和室。

住み始めて3日経った夜中のこと。

まだ3月というのに蒸し暑くて目がさめた。




トイレに行こうと和室のふすまを開けると、玄関に子供が立っていた。

おかっぱ頭で着物を着た女の子人というより日本人形を大きくしたような…電気も点けてないのにはっきりと見えた。

顔は青白く、赤い口紅が印象的だった。

その子は手をのばすと微笑みを浮かべながらスーっとこっちに近づいてきた。

女の子が私にぶつかりそうになったとき、失神してしまったようだ。

それから次々に不可解な出来事が起こり始めた。

  • 夜中に押入れのふすまが開く音。
  • 朝起きると、閉めてあるはずの押入れのふすまが10cmほど開いている。
  • 水道の水が勢いよく出ている。
  • 和室に飾ってあるぬいぐるみが、朝には玄関に置いてある。

あまりにも気持ち悪いので不動産屋に問い合わせてみたが、いわくつきではない。

引っ越してきたばかりで疲れているんだろうの返事ばかり。

就職したばかりで新しい部屋を見つけるヒマも無く、仕方なくそのまま住むことにした。

ある日を境に不可解な出来事がぱったりとやんだ。

これで安心して眠れると喜んでいた。

4月のある夜中。

息苦しさで目を覚ますと、あの女の子が私の体の上にのっていて、

「苦しいよ…。息が出来ないよ…。そこをどいて…」

と泣きながら体をゆすってきた。

「どうしていじわるするの?苦しいよ・・・苦しいよ…」

女の子はそう言い続けると私の首を締めてきた。

微笑みながら…

朝目を覚ますと、小さい手の跡が首の周りについていた。

その日は会社を休んで引っ越しの準備を始めた。

次住むところは決まってないが「ココに住んでたら殺される」と思ったから。

荷物をまとめて玄関にだし、最後のダンボールを天袋から下ろそうとした時…

その子が居た。

天袋に…

天袋の奥の壁の染みが女の子の顔をしている。

おかっぱで、唇だけが赤くて…

そしてその唇がかすかに動き

「やっと息ができた」

私はその場からすぐに離れ、後の事は引っ越し業者にまかせた。

不可解な出来事が急に止んだのは、荷物を天袋にしまった時からだった。





 

 - 怖い話/怪談 ,