アクセスランキング

【怖い話】大雨なのに濡れていない真っ赤な傘で白いワンピースの女

      2017/03/12

長文になってしまい申し訳ない。

俺が小6の頃の話。

その日は露の時期特有の大雨の日で、朝からずっと雨だった。

夜になっても雨は止まず、テレビでは警報なんかも発令されていた。

俺の家は割と低い土地に建っていて、近くには川もあったので、心配になった母親が、近くの高台にあるスーパーの駐車場まで車を置きに行くことにした。

俺と母親とまだ幼稚園生の妹3人でスーパーの駐車場まで行き、無事車を置いてから、親子3人で傘を差しながら家迄帰っていた。

バケツの水をひっくり返した様な雨で、妹は母と、俺は一人で傘を差して歩きにくい家路を急いでいた。

すると前から一人の人が傘を差し、俯きながら歩いてくる。

よく見るとその人は真っ赤な傘を差し、白いワンピースを着た髪の長い女の人だった。

夜も大分遅かったし、普段あまり人通りも多くない道。

そもそもこの大雨である。

俺らの他にもこんな日に出歩く人がいるんだなぁ。

と不思議に思いながらも、その人からなんとなく目が離せないでいた。だんだん俺らとの距離が縮まってくる…。

これでもかって位真っ赤な傘。

辺りにはあまり明かりがなく、暗かったにも関わらず、その人の傘は異様なほど赤く光っていた。

その人が着ていた白いワンピースとのコントラストも相まって、不気味な感じさえ受けた。

更に奇妙だったのは、その人の足元も白いワンピースの肩口も全く濡れていない。

俺らは傘を差しているとは言え、さすがに服も靴もぐしょぐしょで、母も妹も肩口から髪にかけて水滴が伝っていた。

一方女の人はと言うと…

全く濡れていない…

ストレートの長い髪がサラサラとしている。

俯いているため相変わらずその表情は見えないが、距離が近づいてくるにつれ、俺も母も段々と嫌な感じがしてきた。

俺「ねぇ…あの人…。」

母「うん…。なんか変だね。」

俺の家系は霊感持ちが多く、母はかなり霊感が強かった。

俺も小さい頃から少なからず嫌な体験をしてきていたので、そういった空気と言うか雰囲気がなんとなく分かった。

俺「なるべく見ないようにして通り過ぎよう…。」

母「そうね…。(妹の名)も見ないようにね…。」

等と小声で話しながら足を速めた。

速足の俺ら。

女の人は相変わらず俯いたまま、滑るようにゆっくり向こうから歩いてくる。

そしていよいよお互いすれ違うその時、俺も母もなんとも言えない寒気と言うか、悪寒と言うか、上手く言葉に出来ないがとてつもなく嫌な感覚に襲われた。

と同時に、

「ぎゃーーーーーーーっっっ!!!!」

突然母に手を引かれていた妹が金切り声を上げて泣き出した。




俺は訳が分からず呆気に取られていると、いきなり母が俺の腕を掴み、妹を抱えて土砂降りの雨の中走り出した。

そのまま家の玄関に転がり込む様にして帰り着いた俺ら。

どうしたの?

と尋ねる俺に母は息を切らしながら、

「あ、あの人…普通じゃない!人間じゃなかった…。」

気丈な人で、胆の据わった母には珍しい取り乱し様に、俺は只々言葉を失っていた。

妹は大分落ち着いた様子だったが、その後も何度か何かを思い出した様に突然泣き出し、その日は結局泣き疲れて寝てしまった。

妹が眠りに着き、改めて何があったのか問いただした俺に母は、

「私たちからは見えなかったけど、(妹の名前)は傘の下から俯いたあの女の人の顔をみちゃったんだよ…。だから泣き出したのよきっと。それにあのひと…私たちとすれ違った後すぐ曲がったんだけど、あんなとこに道無かったじゃない…?あそこには家が何軒か建ってて隙間なんか殆ど無かったし…」

あの時俺は突然泣き出した妹に気を取られて、その後の女の人を見ていなかったのだが、母は通り過ぎた後の女の人を見ていたらしく、一部始終を見た後、とてつもない恐怖に襲われてその場から一秒でも早く離れたい!と思ったそうだ。

後日母と一緒に、スーパーに停めた車を取りに行った帰り、女の人が曲がったと言う所を確かめたが、そこには二軒の家が建っているだけで、隙間などは30cmも無かった様に思う。

それを確かめて、母と俺は改めて背筋がゾッとして、そそくさとその場を離れた。

妹は次の日に熱を出して寝込み、後になってあの日のことを尋ねても全く覚えていないと言う。

そして、これは俺が中学になってから分かった事だが、俺らが恐怖体験をしたあの大雨の日、忘れもしない6月の26日。

その日は丁度数十年前の同じ日に、記録的な豪雨による川の氾濫で、俺の地元では何百人もの犠牲者が出た大水害が起きた日と、全く同じ日だったのである…。





 

 - 怖い話/怪談 , ,