アクセスランキング

【怖い話】呪われた?妙に砂っぽい建売住宅の怪

   

ある家族が建て売りの家を買い求めた

長女のY子さんは最初から何だかそこは妙に砂っぽい家だと思ったそうだ…

特に二階にある彼女の部屋の畳の上にはいつの間にかうっすらと砂が積もっていることがある

外から風で舞い込んで来たのかと思い窓をいつもきちんと閉めても外出から帰るとやはり砂がうっすらと積もっている

部屋のタンスを動かそうとしたところ裏からどっさりと砂が溢れんばかりに出て来て部屋に砂の小山を作った事もあったと言う

一度こんな事があったらしい

お母さんが風呂に入った後今度はY子さんが入ろうと湯船に足を浸けた途端…

ジャリっと砂を踏む感触がする

見ると湯船の底に砂がたまっていたのだ

「お母さん…どうしてお風呂に砂がたまってるの?」

っと言うと…




母親は不思議そうな顔をして風呂を覗き込み砂を見て驚いている

「わたしが入った時、砂なんてなかったよ」

砂はその家の中でもなぜか彼女に関係した場所、時に出るようである

今も毎日掃除しても、やはり彼女の部屋には砂が積もるのだそうだ…




 

 - 金曜日の恐い話