アクセスランキング

【怖い話】古書の表紙の秘密

   

俺の叔父さんの話。

叔父さんは古書集めが趣味で、暇さえあると古本屋巡りに出かけていた。

とある古本屋で叔父さんは、アメリカ人がインディアンと戦ったときの記録を、当時のアメリカ人が日記風に記した古書を見つけた。

オリジナルではなく、複製だったけど、その当時の年代に複製されたのは間違いないらしくて、叔父さんは大枚はたいてそれを買った。

叔父さんは、その本を自分の部屋の書斎に大事にしまっておいた。

その日依頼、なんとも寝付けない日が続いたと言う。

仕事から帰ってきて自分の部屋に入ると、すでに空気が重く、悪夢もほぼ毎日見たと言う。

そんな日が数ヶ月続いて、別段体調は悪くないので

「部屋に何かあるんじゃないか」

と叔父さんは思い、知り合いの霊感が強い占い師に、家に来てもらった。

占い師(おばさん)は部屋に入るなり、




「アンタ、何てもん置いてるの!!」

と凄い剣幕で怒鳴ったと言う。

その目線の先には、書斎。

つかつかと震える足取りで占い師は、書斎のガラス戸を開け、例のインディアンとの戦いを記した古書を手に取り、こう言った。

「これ人間の皮膚よ!!皮で作ってるのよ!!表紙!!」

その日のうちに、その本は近所のお寺に預け、供養してもらったと言う。それ以来、部屋の異様な空気も消え、悪夢も止んだと言う。

叔父さんは、話の最後に最後に俺にこう言った。

「叔父さんが買ったの(1巻)だし、あの本の続き、まだ古本屋に4冊あるんだよなぁ…」

都内の古本屋、とだけ記しておく。




 

 - 猟奇的な話 , ,