アクセスランキング

【怖い話】助手席からメンチを切ってくるヤツの恐怖

   

中学生だったときの話。

家からちょっと離れた古本屋からの帰り道、徒歩でテクテク歩いていた。

車の通りは多いけどあんまし人は歩いていない田舎の道(舗装済)。

交差点で信号待ちをしていた俺は視線を感じてそちらを見ると、レッカー車(?)のような車の後部に4台ほど乗用車を載せてあるトラック(?)。

書いてて自分でもよくわからんな…スマン

とにかく上下に2台づつ乗用車を積んであるトラックの上に積んだ赤い車の助手席からなんか俺を睨んどるやつがいたんだよ。




当時ちょっとヤンキーだったおれはおもわず睨み返してそのまま信号がかわるまで睨み合ってたと思う(今思うと凄く恥ずかしい…あの時におれがしたしかめっ面…)。

んで、信号がかわってそのトラックが走り出したので、睨み合いもそこで終わり、おれは道を渡ろうとしてしばらく動けなくなった。

その赤い車、半分がぐしゃぐしゃにつぶれたてたのよ(TT)

角度的に信号で走り出すまでその部分が見えてなかったんだな…

無論そんなとこに人が乗ってるわけないし、しばらく真夏だったのに鳥肌立ってたよ。

俺は怖かったけどこれ読んでる人はそんなに怖くないんだろうな…。





 

 - 怖い話/怪談 , ,