アクセスランキング

【怖い話】助けを呼ぶ声とのほほんと弁当を食べ続ける夫婦

      2016/12/23

7年前7月頃の話、天気良く海浜幕張公園で俺と妻でレジャーシート広げて弁当食ってた

そしたら防波堤沖合方向奥に居る人が大声で何か叫んでる、耳をすますと。

「誰か泳げる人居ませんか~!」

え!遊泳禁止なのに、この男性何言ってるんだろと思った。

再び

「誰か泳げる人居ませんか~!」

どうもその声が間延びした切迫感無い感じに聞こえる。

「誰か泳げる人居ませんか~!」

だから何だろうて感じで食事を続け、しばらくして救急車が到着、アクアラング装備の人も駆けつけ、海保と消防庁ボートにヘリコプターに遥か上空は報道ヘリ

まわりは慌ただしい状態になり、私達帰宅した。

帰宅した後気になって夕方のニュースで報道されていた内容は。

友人の男性27歳と交際していた母親29歳と女児を連れて遊びに来ていた。

母親が目を離した隙に5才の女児が高波さらわれ溺れ死んで防波堤先端から30m先海底で発見された事故だった。

現場に居合わせた俺も嫁も不可解に思ったのは海面の波は比較的穏やかで、高波が発生する状況が無かった点で、腑に落ちない感じで、亡くなった女児の冥福を祈った。

その翌日、海浜幕張公園で男性27歳溺死の記事が合った。
場所は防波堤先端300m先海底で男性は発見されたそうで。

その人は先日の事故現場で。
「誰か泳げる人居ませんか~!」
と大声を出した人だと分かった。

普通なら
「子供が溺れた!誰か泳げる人はいないか!」
と切迫して叫ぶのだが。

振り返ってみると後味が悪い事故で男性は自殺とも記載されていない。

----------

普通にその男が助けるために飛び込んだんじゃね?
呼びかけても誰も応じないから仕方なく、さ

----------

女児が海に落ちた時は、その男は飛び込んではいなかった。
アクアラングレスキュー隊が来た時には、その男性と母親、他近くの2名が防波堤奥で立ち尽くしてたので。

----------

普通ならこうするだろっていっても、実際目の前で緊急事態起きたときにきちんとした行動取れる奴はまあいないわな。
常日頃から非常時に備えてる人ならともかくだけど、とくに危機感ないなら、はためには間抜けに思えることしてしまっても仕方ない。

----------

確かに咄嗟の対応は中々出来ないのが大多数だけど。
簡潔具体的に言えなかったのは致し方なさすぎだと思われます。

----------

推測だが。
母親が女児の側離れた。
男性と女児が一緒
男性が目を離した、女児転落
または男性が女児を突き落とした。
警察の事情聴取、嫌疑が男性にかかる
いずれにせよ自責の念に駆られる。
自殺か?と。

----------

まじか~これはミステリーだねぇ

----------




緊急時に、いちいち頭で考えなくても自然と体が動き人の危機を救えるようじゃないと男を名乗る資格は無い

緊急時にも関わらずピクニック気分でのほほんとご飯を食べ続ける人でなし夫婦…

しかもどれだけ調べてもそんな事故が起こったという記録が…

----------

>緊急時に、いちいち頭で考えなくても自然と体が動き人の危機を救えるようじゃないと男を名乗る資格は無い

そして二重遭難を巻き起こし、男を名乗るどころかバカ扱いされるんですね

----------

自分の子供だったら後先構わず飛び込むよ
他人の子供なら…なるほど

----------

男が女の子を助けるか試されて失敗したんじゃないか?
それで女が激怒して男を責めたら男が自殺しちゃったのかも。

----------

そして男には多額の保険金が。
娘にも。

----------

ググッたぞ!

水遊びの5歳女児が海に流され不明

千葉市の幕張海浜公園にある海岸で18日、母親と水遊びをしていた千葉・松戸市の保育園児・○ちゃん(5)が沖に流され、行方不明になった。現場の海岸は遊泳禁止で、芽衣ちゃんは波打ち際で遊んでいたという。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , ,