アクセスランキング

【怖い話】写るはずの無い人が写真に写っていた

   

昨年2月に祖母が亡くなりました。

その時の話です。

祖母は写真が嫌いで、ほとんど写真は残っておらず、

遺影の写真を探すのにとても苦労しました。

家中ひっくり返して、ようやく一枚だけ、

祖母が笑顔で写っている写真をみつけました。

その写真は、祖母ともう一人男の人が写っていました。

若い男性です。

ところが、誰もその人を知らないのです。

場所は確かに祖母の家(私の叔母の家族と一緒に住んでいました)

なのですが、まったく知らない人と写っているのです。

祖母の様子や部屋の様子から見て、最近の写真でした。

結局、そのまま祖母の顔だけを引き延ばして遺影にしました。

その写真の事も忘れて、葬儀、初七日も過ぎ、四九日でまた親戚が集まった時の事です。

私の9つ年上のいとこ(どうしてもぬけられない仕事があり、葬儀には来れなかったので写真はまだ見ていませんでした)がその写真をみて表情を歪めたんです。

「これ、トシ君だ!」

とつぶやいたのです。




私もトシ君という名前だけは聞いていました。

いとこの婚約者でした。

しかし、「トシ君」は祖母に会ったことなんか一度も無いはずです。

そして、トシ君は3年前に病気で亡くなっています。

この写真に写れるわけがないのす。

この写真に写っている家は2年前に改築された後のものなのです。

どうしてこんな写真があったのでしょうか。

誰が写したのかさえもわかりません。

ただ、祖母はとても幸せそうな顔で写っていました…。





 

 - 怖い話/怪談 , ,