アクセスランキング

【怖い話】事故現場に立つ女

      2016/05/24

私がまだ小学生で、家族みんなで車で夜、里帰りしているときでした。

田舎で街灯も少ない道で、事故があったらしく、衝突した形でほぼ全壊した車2台と、警察官数名が何か作業していました。

その警察官達をボーっと眺めている様な感じで立つ女性が一人おりました。

そのまばらな街灯と警察官の持つ懐中電灯だけで薄暗く、事故車さえ判然としないなか、その女性だけがボンヤリと明るくはっきりと遠目にも見えたので、まず変だと思いました。

そして、その横を通り過ぎようというとき、車の窓越しに見たその女性の顔が見えたのですが、それは、何か虚ろな表情で、ただゾッとするほど青白く血の気が失せた顔でした。




通り過ぎた後、母が

「今ンと何かいな。おかしかねぇ。おかしかねぇ。」(九州人です)

と父に言うと、

「バカ。幽霊とかいるか!」

と真顔で怒るように言いました。

まだ、誰も“幽霊”など言っていないのに…

普段から、そういう話を信じずバカにしている父の反応だっただけに、やっぱり、見えてたんだと、後から怖くなってしまいました。

なお、30年近くたった今、母は

「あれは狐か狸やね。絶対。」

と結論を出しております。




 

 - 怖い話/怪談 ,