アクセスランキング

【怖い話】久しぶりにあった親友が来た本当の訳

      2017/08/28

俺がガキの頃に聞いた話。

A,B,Cは仲の良い中学生だった。

中学を卒業した3人はそれぞれ別の道に進んだ。

最初は連絡を取り合って遊んだりもしていたが、それぞれ新しい生活が忙しくなり少しずつ疎遠になり始めた。

連絡をとらなくなり約一年が過ぎた。

ある日の事。

両親が旅行に行くということでAは一人留守番をしていた。

その時、不意に来客があった。

表にでてみると、そこには懐かしい姿があった。

Bだった。

「よう!元気かね?」

もともと陽気だったBは一年前と全く変わっていなかった。

「どうした?急に来るなんて」

「お前!久しぶりに親友が会いに来たってのにその言い方はなかろうよ」

「すまん、すまん。つい意外な来客だったから」

親友とは不思議なもんで、どれだけ長い間会っていなくても会うとすぐにその時間を取り戻せる。

AとBはすぐに以前のような親友に戻っていた。

「お前いいところに来たな!丁度親が旅行中で今一人なんだ。久しぶりに上がって行けよ」

「お言葉に甘えるとするか」

そしてAとBは昔話に夢中になった。

あっという間に2時間は経過していただろうか?

プルルルルル…プルルルル…

不意に電話が鳴った。

親かな?そう思ってAは玄関へ電話を取りに行った。

「もしもし」

「あ、Aか?俺だ。Cだ!」

懐かしい声だった。

「おいおい、不思議な事もあるもんだな!今丁度Bが来てて、お前の話もしてたところだよ」

「…?今なんて言った?」

「だからぁ。Bが来てて…」

「今、いるのか?Bは?」

「あぁ、いるよ。相変わらずだよBは!最後に俺らが会った時にさぁ…」

その言葉を遮るようにCは話はじめた。

「なぁ、A。そんなはずは無いんだ。良く聞いてくれ。俺が電話したのはな」

嫌な沈黙の後、Cはゆっくりと言葉を続ける。




「いいか!Bの家がな。火事になったんだよ…。それで…。」

その言葉を聞き終わる前にAはそのまま受話器を離した。

Bに伝えなきゃ。

家が火事だって。

ぶら下がった受話器からCの声がかすかに聞こえていた。

「それで、Bもその火事で…。」

部屋にもどろうと思い、振り返った時そこには

全身焼け爛れたBが立っていた。





 

 - 怖い話/怪談 , , ,