アクセスランキング

【怖い話】リーンという電話のベル

      2018/06/13

20年前に死んだ兄の話です

兄と私は非常に仲のよい兄妹で、よく近所の空き地で基地ごっこなんかをして遊んでいました

ある日…というか忘れもしない5/18の夕方、いつものように空き地で遊んでたんですが、私はトイレに行きたくなってしまい、先に家に帰ったんです

母は買い物に出かけていたので、家には誰もいませんでした(その頃うちのあたりは近所付き合いもあり、のどかだったので母は鍵を開けて買い物に出かけていました)

すると、家の電話(まだ黒電話でした)が鳴りました

ところが、ベルの音がなんだかおかしいのです

リーンと一回鳴ってから5秒くらいして、またリーンと鳴るのです

私はなんだか気味が悪いので、電話に出ませんでした

電話は一分ぐらいしてから切れました

10分ぐらいして、また電話が鳴りました

また同じ鳴り方で私は少し怖くなりましたが、母かもしれないと思い、思いきって電話に出ました

母ではなく、知らない男の人の声でした

やけに遠い電話でしたが、が○○さん(私の名字です)ですかと聞いてきました

私がはいと答えると、○○△△(兄の名前)が選ばれました、と言われたのです

懸賞にでも当たったのかと思ったので、ありがとうございますと答えると、さようならという声の後電話が切れました

しばらくして母が帰ってきました

兄がなんか当てたらしいよ、と話すとふーんという感じで聞いていました

早く兄が帰ってこないかなと思っていましたが、兄はさっぱり帰ってきませんでした

真っ暗になりこれはおかしいということで近所の人も一緒に探しましたが、兄は見つかりませんでした

そして次の日、兄は




空き地の隣の用水路の中で冷たくなって見つかりました

私は母に電話のことを話しました

兄を殺した犯人かもしれないと思ったのです

警察も来て電話局に問い合わせることになりました

ところが、その時間に電話などなかったというのです

記録のどこにもそんな電話はありませんでした

そして兄が足を滑らした後が見つかり、事故だということになったのです

夢でも見ていたのかも知れません

でも、私はどうしてもあのリーンという電話のベルを忘れることが出来ないのです




 

 - 怖い話/怪談 , , ,