アクセスランキング

【怖い話】マンション住まいのアナタ、ドアチェーンは絶対かけて寝て

   

私が大阪市内の、或るマンションに住んでいた頃の体験です。

11階建というかなり大型の、独身層狙いのマンションでした。

2DKとは名ばかり…玄関ドアからベランダまで筒抜けの狭い部屋でしたが、なにしろ駅近。

地下鉄御堂筋線で天王寺へ7分、難波へも13分で出られるという至便物件なのが魅力でした。

マンション生活の経験ある人なら分かるとおもいますが、ドアには大抵、小さな魚眼のドアスコープとドアチェーンが付いてます。

私はそのマンションにいる当時、ドアチェーンなど掛けたことがありませんでした。

エントランスはオートロック付、誰もが簡単に入れる建物ではなかったので、そこまでの必要は感じませんでした。

或る日、深夜の1時過ぎぐらいだったとおもいます。

夜更かし好きの私も、すべての灯りを消し布団の中にいて、そろそろ寝付こうとしていました。

その時、いきなり、ドアの方から

“ガチャガチャ”

「鍵」を差し込んで回す音が聞こえてきたのです。

私は心臓が凍りつきそうになりましたが、すぐさま飛び起き、ドアに走り寄りました。

「ここは707号室ですよ、間違っていませんか!(必死でした)」

「…あれ、階を間違えたらしい」

という呟きがドアの外から聞こえ、まもなく何の物音もしなくなりました。

恐る恐るドアスコープを覗いてみると、かなり年輩の男女の二人連れが701号室の横にあるエレベーターの方へと、長い廊下を歩いていく後ろ姿が見えました。

たぶん、女性がこのマンションの住人なのでしょう。

難波辺りで飲んで、酔っぱらっていたに違いないと想像しました。

しかし、どれほど恐ろしかったか…。




それから数カ月後の、おなじような深夜でした。

その時も布団の中にいて、ウトウトしかけていると、また

“ガチャガチャ”

と、鍵を回す音が聞こえたのでした。

咄嗟に私は飛び起きましたが、前とは状況が違いました。

…ドアが開いたのです。

少し開いて

“ガチャ”

と止まりました。

ドアの細い隙間からは、廊下の灯りが差し込んでいました。

私はドアの所まで走り、声をかけることなく思い切り力をこめてレバーを引きドアを閉め、中から施錠しました。

そして勇気をだして、ドアスコープを覗いてみました。

しかし…人の気配はありませんでした。

長い廊下の向こうに、エレベーターの扉が見えていただけでした。

ドアが開き、私が飛び起きてドアまで走ったのは僅かな時間だったと記憶しています。

それとも、驚きの余り私は時間感覚を失っていたのでしょうか…。

あの時、ドアチェーンを掛けていなかったら、私はどうなっていたのだろう、何を目撃しただろう。

今、思い出してもぞっとします。




 

 - 怖い話/怪談 , ,