アクセスランキング

【怖い話】ハト

   

私の友人はハト好きです。

そんな友人がある日、私に嬉しそうに話してくれました。

「最近、うちによくハトが訪ねて来るんだ」と。




彼はアパートに一人住まいなのですが、窓を開けて寝ているとハトが窓から入ってくるというのです。

はじめは警戒してか窓の側までしか来なかったのが、窓の中に入ってくるようになり、いまでは寝ている彼のからだの上に乗っかってくるというのです。

しかし、そのハトが訪ねてくるのは必ず彼が寝ているときだけだというのです。

そのハトの姿を見たいとは思っているのだけど、下手に起きてハトが逃げ出し、二度と寄り付かなくなっても寂しいので我慢している、と。

そんなハトほんとにいるんかな、と思いましたが彼があまりにも嬉しそうなので無粋なツッコミは控えておきました。

それからしばらくして私は彼の部屋に遊びに行きました。

まだ残暑が厳しい日で、部屋の窓は開けっ放しです。

私は部屋で寝転んでいたのですが、友人は買い物に出かけました。

そのうち私はうとうととしはじめました。

ふと気づくと、体の上に何か乗っています。

その体の上のものは

「クルゥー、クルゥー」

と鳴いているようです。

ああ、例のハトだなと思いました。

しかし、友人に、

「もし俺の留守中にハトが来てもハトを見るな」

と言われていたので、目を閉じたままでいました。

そのうちそのハトはだんだんと私の足下から頭の方へと上がってきます。

しかし、何か変なのです。

「この鳴き声は本当にハトの鳴き声なのかな?」

どちらかと言うと、そう、人がうめいている声に近いような気がします。

これは人のうめき声だ。「これ」はハトじゃない。

「それ」がだんだん頭の方に近づいてきます。

生温かい息が体に吹きつけられます。

「うぅー、うぅー」

恨めし気なうめき声が私の胸の辺りから聞えてきます。

目を開けて正体を確かめるべきか。

いよいようめき声と生温かい息は首の辺りに…そこで私は気を失いました。

次に目が覚めると友人が買い物から戻ってきていました。

「ハトは訪ねてきたか?」

無邪気にたずねる友人に本当のことを話すべきか私は迷いましたが

「いや」

とだけ答えました。そして、

「ちょっと気分が悪くなったから帰る」と私は彼の家を辞しました。

その後も「ハト」は彼の部屋に訪ねてくるそうです。





 

 - 怖い話/怪談