アクセスランキング

【怖い話】ツイてない女子高生に憑いた不幸の塊

   

私が働いている母校の高校の近くにある喫茶店は、立地の関係上、よく母校の生徒さん達が訪れます。

お客さんの五割が母校の生徒さん、四割が母校の先生方、残りの一割が一般のお客様、というところでしょうか。

生徒さん達も悪さをしたり騒いだりするのではなく、ただ純粋に生徒同士の交流の場ーー所謂『喋り場』として利用している様で、他愛もない雑談から、真剣な悩み相談まで学年を越えて交流している様でした。

私やマスター達スタッフも高校OBという事もあり、勉強や進路の悩み相談をされる事も多々ありました。

また、夏や冬、それに春に卒業・入学シーズン等が特に繁忙期で、私達だけでは回らない為、アルバイトで私の小学校以来の友人であるエリカちゃんに来て貰う事もありました。

(エリカちゃんは今で言うゆうこりん系のふわふわした天然系の美人さんなので、彼女が出てくれた日は男子高校生の来客率が異様に上がるんです。)

そんな、卒業式を間近に控えたある日、店に一人の女の子が現れました。

切れ長の涼しげな目元にショートカットがよく似合う、本来であればとても快活な雰囲気を持つ子なのでしょうが、伏せられた瞳は不安げに揺れ、とても元気がない様で。

(何か、大きな悩みがあるのかな…?)

彼女はカウンター席に腰掛け、カウンター奥の私とエリカちゃんをちらちらと見ていました。

(私達に相談したいのかな…?)

私が思い切って話し掛けようとした時

「あの、聞いてくれませんか?」

彼女が口を開きました。

「私、とってもツイてないんです。」

(ツイでない?成程、それで落ち込んでたのかぁ。)

私は、ツイてない時は誰だってあるし、いつか直ぐにまだ幸運が巡って来る様になるから、と話したのですが。

「そんなんじゃないんです。私、小さい時からずっと、ツイてない…不幸なんです。」

彼女は、そう言い切ったのです。

私もマスターもエリカちゃんも、最初は、そんな大袈裟な…と思いましたが、詳しく彼女の話を聞いてみると。

  • 今まで最低でも一年に一回は居眠り運転のトラックに跳ねられたりする。
    (親の運転する車ごと巻き込まれた事故であったりする為、今まで無事でいられたらしく、生身でトラックとの事故に巻き込まれた事はないそうです。)
  • 授業で野球をするとよくボールが頭に当たる。
    (バッターが打った球が当たった事もあるそうです。)
  • 頭上から兎に角物が落ちて来る事が多い。
    (サスペンスではありませんが、実際に花瓶や鉄骨等が落ちてきた事がある様です。)

そんな一つ間違えたら命に関わるものから…

  • お店に予約をしていた品物がよく間違って売られてしまう。
  • 学校の成績に関わる大きな英語のテストで書いた英作文を、先生が一切書いていない子のと取り違えて0点にしてしまう。
    (その後先生は謝って点数をちゃんとつけてくれたらしいのですが、名前も全く違うのにどうやって取り違えたのか未だに謎だそうです。)

等の些細な物まで、その『不幸な事例』は数知れず。

特に、前述した『命の危険を伴う』物に遭う頻度が最近上がって来ており、このままだといつか事故で死んでしまいそうで怖い、とのことでした。

(確かに、命の危険を感じる物は危ないし、怖いっちゃ怖いけど、それでも今まで助かってるんだし、悪運が強いとも言うんじゃないのかな?)

とも、思いました。

ですが、彼女曰く

『幾ら悪運が強いと言われても、こう何度も九死に一生を得る体験ばかりしていたのでは命が幾つあっても足りない』

そうで。

彼女と一緒に来た友人は

「気にしすぎ」

「神経質になってる」

「誰だってついてない時位あるよ」

と、大して気にもしていない風でしたが、彼女は至って真剣でした。

「こんなにツイてないのっておかしいですよ!」

絶対おかしい!

そう、彼女は息巻いていました。

そして真剣な彼女の話を聞いていると、予約していた品物が売られてしまう事等は確かに誰にでも起こり得る事ですが、頭上から花瓶や鉄骨が高頻度で落ちてくる事等は果たして偶然でそう何度も起こり得るのか。

そう、疑問に思う様になっていました。

彼女も彼女で、誰かに相談したいという気持ちがあったらしいのですが、丁度そんな時同級生の男子からうちの喫茶店にシスター(エリカちゃんの事です)が来ていると知り、どうにかして欲しいと思って来た様でした。

ですが、エリカちゃんはただのシスターでありエクソシストではないので、当然彼女が望む様な御祓いの様な事は出来ません。

その日は、落胆する彼女を宥めながら話を聞くだけで終わりました。

一週間後、再び例のツイていない女の子…芽衣子ちゃんが店にやって来ました。

しかも、以前より酷く落ち込んだ様子で。

気になった私とエリカちゃんが話を聞いてみると。

彼女はどうやらあの後、自分がツイていないのが気になり、地元の県では有名な神社やお寺に御祓いを頼んだらしいのです。

ですが

「ちょっとうちの神社では……」

「人数がいっぱいでして……」

等、様々な理由で殆どの寺社仏閣から断られてしまったらしいのです。

また、御祓いを受けてくれたお寺もあったらしいのですが、行こうとすると電車の場合は人身事故に巻き込まれ電車が動かず、タクシーで向かおうとしたらやはり直前で事故が起こり道路が通行止めになる等の出来事が起こり、結局行けなかったらしいのです。

「私、呪われてるのかもしれない……。」

芽衣子ちゃんはかなり意気消沈していました。

更に、彼女が落ち込んでいる理由はそれだけではなく、どうやらうちの店に相談に来たあの夜からおかしな夢を見る様になってしまったらしいのです。

夢の中で、彼女は何かから逃げています。

そこは学校の中で、ひたり…ひたり…と何かが這って彼女を追いかけているのが聞こえて来るそうなのです。

彼女も走って逃げるらしいのですが、靴箱まで辿り着いたところで追いつかれ、強い力で首を絞められ意識を失ってしまうのだそうです。

そして、その瞬間目が覚めるらしいのですが、それが毎朝4時44分なのだとか。

もうそれがあの日からずっと続いているそうで。

最近はそれが原因でよく眠れないらしく、可愛らしい筈の顔にはくっきりと黒い隈が浮かんでいました。

加えて、おかしな事が起こるのは夢の中だけではなく、一人で自分の部屋等にいると背後から誰もいない筈なのにシャーペンの芯や消しゴムをぶつけられたりするそうなのです。

そうして、彼女がそれに気づいて振り返ると、それはぱたりと止むそうなのですが。

その振り向いた瞬間に、小さな子供…まるで赤ちゃんがはしゃいでいる様なきゃっきゃと言う笑い声が聞こえるのだそうです。

(それ、完全にやばいんじゃ…?)

私はそう感じました。

エリカちゃんもまずいと思った様で、私達はお互いに顔を見合わせました。

芽衣子ちゃんも

「なんかこれってヤバイですよね?!」

と、泣きそうになっています。

「本当に、御祓いした方が良いのかも……」

エリカちゃんは呟く様に、そう言いました。

「でも!断られるんです!出来ないんですよ!!」

芽衣子ちゃんは半ば叫ぶ様にそう言いました。

すると、エリカちゃんは

「私の従兄弟のお兄ちゃんがね、今、お寺にいるんだけど…聞いてみようか?」

そう言いました。

私はクリスチャンのエリカちゃんに僧籍の親戚がいる事自体が初耳でかなり驚いたのですが、今はそれどころではないと思い直し芽衣子ちゃんとエリカちゃんの会話に耳を傾けました。

幸運にもエリカちゃんの従兄弟さんがいるお寺はうちの店から近く、毎晩の夢で追い詰められていた芽衣子ちゃんは今すぐにでも行きたい、という事になりました。

そうして、店はマスターと他の子に任せ、私の車でエリカちゃんと芽衣子ちゃんとそのお寺に向かう事になったのです。

店から車で出て15分、異変は徐々に現れました。

誰も何もしていないのにナビが点滅し、次第に点滅が激しくなり、遂につかなくなってしまう。

受信出来ていたラジオが急に受信出来なくなり、ザーザーというテレビの砂嵐の様な激しい音を最後につかなくなってしまう。

そして、店を出て45分位走った辺りでしょうか。

目的地のお寺までかなり近付いた辺りだと思います。

車は徐々に人気のない寂しい道に入っていったのですが。

「ねぇ、本当にこの道で合ってるの?」

「お兄ちゃんから貰った地図にはこの辺りって書いてあるけど。」

走れども走れどもお寺らしき建物は何も見えて来ず、私達は徐々に不安に苛まれ始めました。

そこは道の片側に深い森の様な場所がある、昼間でも少し暗く、人の声すら聞こえて来ない様な静かな道でした。

どれだけ進んでも、お寺は見えて来ません。

不安になった私達は、一度大きな通りまで引き返して、そこで道を聞こうという事になりました。

そして、その道を引き返そうとした瞬間

オギャー…オギャー…

車内に僅かに赤ちゃんの泣き声の様なものが響いたのです。

「え……?」

「……今、何か聞こえなかった?」

何かの聞き間違いだったのだろうか。

全員がそう思おうとした瞬間

オギャァー…!オギャァー…!

先程より大きな声で、それは響いたのです。

(やばい…!確実に何かいる…!)

私達は全員そう確信しました。

次の瞬間

ドンッ

と車のボンネットに強い衝撃が走り、一瞬全員が上を見上げました。

「何これ?!」

「もうやだぁ!」

半ば悲鳴に近い声が上がり始めたその時

「あ、あ…あれ!!!」

エリカちゃんが車のフロントガラスを指差し、固まっていました。

その目は恐怖に見開かれ、私達は見てはいけないとわかっているのに、ついそちらを見てしまいました。

すると、そこには…

「きゃああああああ!!!!!!」

産まれたばかりでしょうか…体に胎盤の様なものをつけたままの血まみれの赤ちゃんがフロントガラスにしがみついていたのです。

オギャァー…!オギャァー…!

赤ちゃんは泣きながら血まみれの手を振り上げ、何度もフロントガラスを叩きました。

その度に、フロントガラスは紅く染まり、赤ちゃんの力ではありえない筈なのに車がドンッと揺れました。

もう私達は怖くて泣きながら互いに抱き合い、身を寄せ合いました。




どれだけそうしていたでしょうか。

その時の私達には恐怖で時間の感覚などなくなっていました。

ただ、恐ろしく長い時間が経った様な気だけはしていました。

すると、そこに。

コンコン!

サイドの窓を叩く音が響きました。

「ひいっ?!」

「きゃぁ!!」

慌ててそちらを振り向いてみると、そこにはとても心配そうな顔をした若い男性がいました。

男性は、縹色の法衣を着ており、その姿で一目で私達は彼がエリカちゃんの従兄弟だとわかりました。

その姿に安心した私達がドアを開け、転がり出す様に外に飛び出すと、男性は

「あんまり到着するのが遅いから、心配になって迎えに来たんだよ。」

と、言いました。

男性…瑠之介(りゅうのすけ)さんは所謂、『視える』人らしく、私達を迎えにお寺から一番近くにある大通りまで出た時、そこにある二つに分かれた道で、まるで女郎蜘蛛が獲物を糸で絡めとる様に…お寺に行く道とは反対の森へ続く道から本来、人の目には見えない『悪意』に満たされたエネルギーの糸の様な物が伸びていたらしいのです。

そして、その糸は瑠之介さんの目の前で、もう既に獲物を絡めとり、奥へと誘っているかの如く、奥へ奥へと後退していったらしいです。

そうして、その糸を辿って行ってみたら、その糸の先にこの車があり、私達がいたそうです。

私とエリカちゃんは恐怖で完全に腰が抜けてしまった芽衣子ちゃんを支え、瑠之介さんとお寺に行きました。

そこで、芽衣子ちゃんと、巻き込まれた私とエリカちゃんも御祓いを受けたのですが、その途中、芽衣子ちゃんが異常に苦しみ始めまるで赤ちゃんの様に泣き始めたのです。

私とエリカちゃんは慌てて支えようとしましたが、瑠之介さんの鋭い声に静止され動く事が出来なくなってしまいました。

瑠之介さん曰く、あれは生まれて来られなかった赤ちゃんの霊…水子の霊だそうで、優しくされるとその人に憑いてしまうかもしれないのだそうです。

だから、可哀想だけれども、その赤ちゃんの霊を成仏させてあげる為にも心を鬼にして突き放す事が必要なのだそうです。

瑠之介さんがお経を読み進めると読み進める程、芽衣子ちゃんは苦しみ泣き叫びました。

しかし、その声は徐々に小さくなり、お経が終わる頃には、そこにはぐったりとした様子の芽衣子ちゃんがいました。

瑠之介さんが言う事には、芽衣子ちゃんには本来生まれて来る筈だった芽衣子ちゃんのお姉さんである赤ちゃんの霊が憑いていたそうです。

そのお姉さんは芽衣子ちゃんが羨ましかったのだそうです。

そして、ここからは芽衣子ちゃんがお母さんから聞いた話も含みます。

昨年まではちゃんと芽衣子ちゃんのお母さんが月命日には毎回お参りをしていたそうなのですが、今年は芽衣子ちゃんが受験をする年でもあったので、かなり忙しく、月命日にお参りに行くのも忘れてしまったのだそうです。

それをお姉さんの霊は忘れられたと勘違いし、その勘違いが

『妹ばかり愛されている』

『私は死んだのに妹ばかりずるい』

『私も生きたかった』

という気持ちを生み出し、芽衣子ちゃんが上手く行ったり、幸せになるのを妨害していたのだそうです。

そして、最終的には

『お前も死ねばいいのに』

という気持ちに繋がり、あの命の危険に繋がる数々の事故を生み出していたのだそうです。

翌日、芽衣子ちゃんとお母さんはお姉さんのお墓にお参りに行きました。

そして、手厚く供養して貰ったそうです。

そのお陰なのか、或いは瑠之介さんの御祓いの効果なのか、あの日以来芽衣子ちゃんの身に不思議な出来事や命の危険を伴う事故はなくなり、あの首を絞められる恐ろしい悪夢を見る事もなくなったそうです。





 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , , , , , , , , ,