アクセスランキング

【怖い話】もういいかい?あまりの恐怖に思わず出たダジャレ

   

小学六年生の頃の話だ。

親戚夫婦が遠方で急用ができたとかで、子供を預けに来た。

ちょうど土曜日で、両親も夕方まで出掛ける予定があり、僕がいとこ達のお守り&留守番をすることになった。

いとこは七歳男の子と妹五歳。

しきりに遊ぼうとねだってくる。

仕方ないので妹の要望を聞いて、かくれんぼをすることにした。

いとこ達は隠れる側で、僕が五十数えて探すことになった。

男の子は押入れに隠れていたのをすぐに見つけ出したのだが、妹の方はどこに隠れているのか、なかなか見つからない。

そんで、僕は

「もういいかーい」

と声をかけながら探すことにした。

やっぱり子供だ。

「もういーよ」

と返事してくる。

どうもベットの下に身を潜めているらしい。

僕は音を立てずにそこを覗き込むのだが、姿はない。

また声をかけると、笑いを押し殺した声で返してくる。

やっぱり押入れか?

しかしそこにもいない。

いとこも一緒に探したのだが、見つけ出せずにいた。

僕は少し不安になって

「降参。もう出ておいでよ」

と声を上げた。

妹は風呂場のドアを開けて、にこにこしながら現れた。

(さっき探したけどな)

どこに隠れてたのか聞くが、秘密だと言って教えてくれない。

その後はゲームをして過ごしたが、やっぱりずっと頭にひっかかってた。

夜になっていとこの父親が迎えに来て、二人は帰っていった。

僕も寝る時間になり布団に入った。




どうしても昼間のカクレンボのことを考えてしまう。

そのうちうとうとし始めた頃、暗くした部屋の中から声がした。

「もういいか-い」

はっ?驚いて目を覚ますと再び声が。

「もういいか-い」

微かに、それでも確実に、その声は聞こえた。

僕は思わず布団の中にもぐりこんだ。

それはあの五歳になる女の子の声じゃない。

もっと年配の、おそらく大人の女性の声だ。

「もういいか-い」

だんだん近づいてきている。

体は震え、完全にパニック状態だった。

それでも、返事は二つしかないことは分かっている。

絶対に「もういーよ」、とは言えない。

「まーだだよー」

僕は蚊の鳴くような声で呟いた。

「もいいか-い」

おそらく声の主は布団のすぐ近くまで来ていた。

(ああ、もう見つかる)

そう感じた瞬間だった。

僕が頭から被っていた布団が、勢い良く捲り上げられた。

目を見開いて悲鳴を上げると、そこには誰もいなかった。

騒ぎを聞いて父親が部屋に駆けつけてきた。

「どうした!何があった?」

僕は震えながら言った。

「布団がふっとんだ」




 

 - 怖い話/怪談 , ,