アクセスランキング

【怖い話】ありえない時間の救助の要請

      2017/07/28

3年前、先輩二人と山に登ったときの話です。

A先輩は山に慣れていましたが、B先輩と私はまだ初心者でした。

最初は順調に登っていったのですが、途中で雨が降りだしました。

やむ気配がないようだったので、一度、中腹の無線小屋に戻ることにしました。

ところが、その下り道で地すべりが起き、しかも私が脚を傷めてしまい、足止めを余儀なくされたのです。

A先輩は一人で無線小屋へ行き、助けを呼んで来ると言い、慎重に山を下り始めました。

その日はA先輩は戻りませんでした。

夜が明けると救助のヘリが見え、私とB先輩は無事に救助されました。

A先輩から3時間ほど前に救助の要請があったとの話でした。

しかし、そのヘリにはA先輩の姿はありません。

自分はそのまま病院に行き、A先輩のことはB先輩に任せることになったのですが、次の日に見舞いにきたB先輩は私にこう言いました。




「Aの奴、あの地すべりを越えた辺りで死んだんだってよ、野犬かなんかに襲われたって話だよ」

でもA先輩が死んだとされる時間は私たちと別れた直後。

救助を呼ぶ無線は助けられた3時間前のはず…

では誰が救助の要請を?

私たちが避難していた場所をA先輩以外の誰かが知ってるはずもない…

それに無線の主はA先輩の姓名を名乗ったらしい。

私はきっと先輩が助けてくれたのだと信じています。

「必ず救助を呼んでくるから、俺を信じてここを動くなよ!」

別れる前に、先輩はそう約束していったのですから…





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,