アクセスランキング

【怖い話】「あんた死ぬよ」

   

5年前の夏の出来事。

母の実家のある新潟に一緒に帰省した。

ここはど田舎なのでなにもすることがなく暇をもて余していた。

とりあえず車でふらついてみるかとドライブへ1人ででかけた。

ふと気づくと山道になっていた。




俺は調子にのって下手糞なドリフトをして峠を楽しんでいた。

しばらく走ってコーナーを曲がった時いきなり人が飛び出てきた。

よけれるはずもなくひいてしまった。

めちゃめちゃパニクりながら俺は車を止めてその場所へひきかえした。

でもなーんもない。

車にも傷とか血とかなにもついてないし、思い出してみれば衝撃とか音とかなんもしなかった。

後味が悪かったけど、気のせいだと無理やり納得して母の実家へと帰った。

次の日の夜になりやっぱりなにもすることがない。

昨日の事が気になったのでもう1度あの峠にいってみた。

通行する車が皆無に等しいので、峠一帯がとても静かで不気味。

やがてその場所へつき車から降りてみるとなにも変わった事はない。

このときやっとほっとしました。

なにせもし人をひいてたら人生終わりですから。

安心しきって車に乗り込み峠を下っているととてつもなくいや~な感じが…。

とりあえず煙草に火をつけてなんとなくバックミラーを見たらなんか違和感が…。

いったん目を離してもう一度バックミラーを見ると…。

そこにはミラー越しに俺を睨んでいる不気味な目。

すぐにミラーから目を離しバックミラーをみないまま峠を走りました。

峠は全く他の車の通行がありません。

とりあえず通行量のある国道目指して走りつづけました。

あの時の状況は今思い出しても震えます。

無事国道につきコンビニへいきました。

コンビニで立ち読みをしていたら、だいぶ落ち着いてきたので帰る事を決意しました。

車に乗り込むと依然いや~な感じはします。

おそるおそるバックミラーを見ると…なんもないや。

(あの目も気のせいだったのかな?)などと強引に自分にいいきかせながら車を走らせていると無事母の実家につきました。

めちゃくちゃほっとしてエンジンを止めたら、かすかな声で

「あんた死ぬよ」

…って確かに聞こえた…。

もう気のせいとかじゃない。

頭の中が真っ白になりながら母に全てを話したけど半信半疑といったとこで信じようとしない…。

次の日は東京へ帰りました。

東京へ帰ってきてからも依然としていや~な感じが車の中はします。

車を買い換えたいのだけどうちにはそんな金ありません。

霊媒師にみてもらおうと思ったけどどこにいるかさっぱりわかりません。

がいろんな人に頼み込んだところやっと霊媒師を紹介してもらいました。

霊媒師とその峠へいって調べてもらったら俺自体に峠で事故死したと思われる若い男の霊がとりついているとのこと。

道連れにしたがっている悪質な霊だそうでです。

東京へ帰って除霊してもらう事になったんだけど除霊料って高いのね。200万だって…。

背に腹はかえられないのでしぶしぶ了承したけどさ。

死ぬほどしゃれにならんぞ霊媒師!足元みやがって。

親戚から金借りた時哀れな目でみられたじゃねえか!ゴルァ!





 

 - 怖い話/怪談 ,