アクセスランキング

【怖いけどイイ話】熱血理科教師に捧げる心の瞳

   

中学生のころ。

受験を控えた3年生になり、新たなクラスメイトになれたころ合唱コンクールが開かれることになった。

担任は、熱血理科教師で、かなり分かりやすい授業をしてくれて厳しいながらも生徒思いの先生だった。

コンクールは、まず学校内で簡単な発表会を行い、それで各学年から代表クラスが選ばれる、という方法だった。

うちのクラスの場合、女子がやる気で、男子はそれに乗せられつつかなりがんばり、市内音楽会への切符を手にいれた。

市内音楽会前日、担任は

「がんばればなんでもできる、だけどがんばるのが難しいんだ。」

「お前らはがんばった、あとは自分の体が覚えてるよ」

って、みんなに言った。

かなり真剣で、よく覚えてる。

音楽会当日。

出発間際になって、

いきなり引率の先生(担任じゃない人)が

「○○先生(担任)が入院した」

っていうんだよ。

昨日まで元気だった人がなんでいきなり…

とか思ったけど、その先生がいうには、

軽い怪我だ、ってことで一応は安心して、

自分たちの出番、ってなったんだよね。

それで、課題曲を歌い終えて、自由曲の「心の瞳」ってのを歌い始めた。

担任がすごい好きで、熱心に指導してくれた歌だった。

それで、間奏の時、ふと座席のほう見たら、

担任が手を振っててすごいにこやかに笑ってたんだよ。

めったに笑わない実直な先生だったのに。

ふと、そこで思ったんだよ。

軽い怪我で入院なんかしない、って。




「心の瞳で~君を見つめれば~」

「愛すること~それが~どんなことだか~わかりかけてきた~」

曲が盛り上がってるとき、隣のやつが泣いてるんだよ。

俺も、もしかしたら、っていうか、かなり直感的にそう思ってた。

歌い終わって、みんな、○○先生いたよね、いたよねって話してて、俺は、泣いてた隣のやつと、無言で座ってたんだ。

みんな先生を探すんだけど、いないんだ。

絶対、笑ってたのに。

学校に帰って、帰る準備してると教頭先生が教室に来て、

「○○先生が、先ほど、亡くなられました」

って。

みんな、泣いたよ。

むしろ、信じたくなかった。

なんでも、音楽会前日、車で帰る途中、飛び出したコドモを避けて思いっきり電柱にぶつかって、助け出されたときは虫の息だったらしい。

葬式の時、自分らの願いと、先生の親御さんの承諾で「心の瞳」歌ったんだよ。

すごい悲しかった。

あるんだよね、こういうこと。





 

 - 怖い話/怪談 , ,