アクセスランキング

【奈々子さんの怖い話】僕の村の夏祭りが恐ろしい件

      2016/10/04

<奈々子さん投稿ありがとうございます>

僕の村には夏に祭りがある。

神輿が出てにぎやかなんだ。

今年は、予想通り1名亡くなった。

どういうわけか、三年に一回は残念なことにかならず人が亡くなってしまう。

今年は、神輿が大通りを練り歩いているときに、電柱にぶつかってしまったんだ。

たぶん即死だと思う。

だけど、担いでいる人たちは知ってか知らずか、そのまま電柱にぶつけ続けるんだ。

僕は目の前の光景がウソかと思った。

興奮して意識が飛ぶんだろうか。

しばらくしたら救急車が来て運ばれていったけど、その時にはもうだめだったろうと思う。




それから、その死人が出た家は徹底的に一年間かわいがりをされる。

お相撲さんのかわいがりと同じ意味さ。

村中から無視されたり、嫌がらせをこれでもかってされるんだ。

なぜなら、向こう二年間は、神輿が担げないからね。

村と役所の覚え書きで昔からそう決まっているんだ。

でも、神輿はこの村の唯一の娯楽で唯一の目標なんだよ。

産業もない、何にもない村では、一年間することがない。

だから、毎週集まって神輿の準備を少しづつ進めるのが唯一の目標。

だから、こういう時村は荒れるんだ。

小さい子から爺さん婆さんまで、みんなして、死人を出した家を一年かけて呪うんだよ。

どうしてそんなひどいことができるのかわからないが、僕の村は本当に怖い所なんだ。

お化けも何も出ないけれど、こういうことが当たり前にある、村の人たちの心が一番僕は怖いと思っているんだ。

君はどう思う?





 

 - 投稿★怖い話, 猟奇的な話 , , , , ,