アクセスランキング

【匿名さんの怖い話】トンネルの中のジープ

   

<匿名さん投稿ありがとうございます>

私が小さい頃、唯一家族全員で怖い体験をしました。




岐阜県の国道沿いに「丸山ダム」というのがあります。

そのダムのすぐ横のトンネルであったことです。

道は、車一台がちょうどで、すれ違えれない幅で、所々に対向車避けがありました。

私たちは夕方、旅行からの帰路を急いでいました。

トンネルの少しまえで運転していた父が「あれ?いつのまにか後ろに変なのがおるぞ。」と言ったので、後部座席で私がふりかえると、少し後ろに、ジープがいました。

くねくねとした道なので、角を曲がる度に見え隠れしていましたが、変なのです。

蛇行運転するジープの上で、5・6人が両手を挙げてゆらゆら、ゆらゆら踊っているのです。

子供ながらに何だか不気味さを感じたのですが「見届ける」ことで、それが現実のものであるとしたかったので、ずっと、みていました。

父は、暴走族だと思い

「トンネルを出たら、車を寄せて先に行かせよう」

と言いました。

トンネルに入りました。

母は今でもその時のことを覚えています。

母は、トンネル内で壁に大きく映りゆらぐ、ジープの上の人らしきものの影を見たそうです

トンネル内には、変なうめき声が響いていました(この声は家族全員が聞いている)。

私はずっと後ろを見ていたのですが、驚いたことに、私たちがトンネルを出た後、そのジープはトンネルの中から出てきません。

ジープのシルエットとライトはずっとトンネルの中にあるのです。

そしてその後方から、何処かの営業者用のライトバンがトンネルに入り、そのジープのシルエットをすり抜けて先に来たのです。

私は父に言いました。

「あのジープよりうしろのライトバンが先に来た!」

その時、兄も

「俺も見たー!!」

といいました。

父は『トンネルを出て最初の対向車避け』に車を止めました。

「どっちみち先に行かせよう。来る車を待ってみよう。」

その後、私たちの横を通ったのは、ライトバンのみでした。

実はこの話は、附に落ちないまま家族みんなで気のせいだとか、思っていたのですが、あれから15年以上立つ去年、偶然聞いた他人の怪談話に「二股トンネル」が出てきたので、怖々ご報告させていただきました。




 

 - オカルト, 怖い話/怪談 , ,