アクセスランキング

【ゾッとする話】顔をいやらしく歪めて笑っていた

      2018/05/18

知り合いの話。

彼の祖父はかなりの偏屈で、人里離れた山中に独りで住んでいた。

人間嫌いで、彼の母が時々様子を伺いに訪れる以外には、人付き合いも無かった。

いつの頃からか猿を飼っていたらしい。

その祖父が死んだと連絡が入り、彼は久しぶりに実家に帰った。

葬式が終わり、祖父の家の片付けをしていた時のことだ。

彼が祖父の遺影を持って歩いていると、背後から嫌な笑い声がした。

振り返ってみると、猿が狭い檻の中からその遺影を見ていた。

猿は心底嬉しそうに、顔をいやらしく歪めて笑っていた。




その様はまるで人間のようだった。

爺ちゃん、一体どんな飼い方をしていたんだよ?

思わず呟いてしまったのだという。

気持ちが悪くもあり扱いにも困るので、猿は次の日に山に放したそうだ。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,