アクセスランキング

【ゾッとする話】雪に誑かされた

   

昔ね、2~30年前の話。

山小屋があってね、春になって雪が溶けてから、係りの人が鍵を開けに行ったって。

そしたらね、中で人が亡くなっていたって。

男の人だったって。

迷ってしまったのか、雪に降り込められて下山できなくなったのか、それはわからないけど、多分その人はお腹がすいてすいて、仕方がなかったんだろうね。

口からね、綿がはみだしていたって。

山小屋、なんて言っても泊まれるような施設ではないの。

地元の人が山菜採りなんかに行って、雨宿りしたり弁当食べたりする程度の所でね、座布団がいくつかあったって。

その男の人の腹の中から喉から口まで、座布団の綿しか入ってなかったって。

近所の人は、みんな不思議がったって。




だってその山小屋、近くの家まで歩いたって1時間もかからないはずなんだって。

怪我もしてないのに、なんで助けを呼ばなかったんだろうね、って。

それ聞いた年寄りの人がね、こう言ったって。

「雪に誑かされたんだね」

って。





 

 - 怖い話/怪談 , , , ,