アクセスランキング

【ゾッとする話】降りてきたものは見間違え出なければ…

   

田舎に住んでたころの話。

うちの家のそばに昔風のお蔵みたいな建物があり

中には古い家具とか汚いカーペットとおぼしきものとか

壊れたクリスマスツリーだとかが入っていた。

早い話物置だった。

ある日その物置に物を取りにいった。

蔵の前のまっすぐな坂道を降り、鍵を取り出して物置の扉を開けたときのことだった。

さっきまでオレが歩いていた坂道からものすごい勢いで誰かが駆け下りてきた。

初めはポカンとして立っていたのだが、すぐにぞっとして物置の中に飛び込んで扉を閉めた。

一瞬しか見えなかったが

駆け下りてきたものは




顔はしわがあり40代?くらいに見えるのだが

体は小学校低学年程度の大きさしかなかった。

また、何処となく外人のような顔立ちをしていた。

1時間くらい経ち恐る恐る扉を開け

帰ろうとしたら、またそれがすごい勢いで坂道を駆け下りてきた。

勿論慌てて扉を閉めて隠れた。

もうこのまま帰れないんじゃないかと思ったが

30分程した頃、母親が蔵まで呼びにきてくれた。

その後何度かそれが坂道を駆け下りてくるのを見たが

建替えのために蔵が壊されたあとは、それを見る事もなくなった。





 

 - 猟奇的な話 , ,