アクセスランキング

【ゾッとする話】鎌男と勇気ある少女

      2016/06/02

あれは、私が小学四年位の時です…

通っていた小学校の学区内に精神病院があったんですが、そこから男が一人逃げたしたんです…

その男は鎌を持ち歩いているという噂もあり、学校では注意して登下校するようにとのお達しもありました。

ニ、三日後、学校から帰ろうとしていた時の事です。

その時私は、甲男君、乙美ちゃんと一緒に帰っていたんです。

で私達は田舎に住んでいたんですが、通学路の脇にある雑木林から何かウ~っていうようなケダモノが鳴くような呻き声が聞こえてきたんですよ。

で、私は、あ、こりゃまずいかな~って思ったのです。

そしたら、案の定、鎌男が飛び出してきたんです。

で、私達は死に物狂いで逃げたんですけど、鎌男も涎を撒き散らしながら追ってくる。




近くに民家も無かったので、田んぼの脇にある、井戸の小屋?みたいな所へ逃げ込んだのです。

で、必死に扉を押さえ、開かないようにした。

鎌男は私達を見失い、しばらくそこらへんを探してたようですが、ついに私達が隠れてた小屋に目を付けた。

それでその男は扉を抉じ開けようとしたんですが、子供三人必死で押さえているので開かない。

業を煮やしたのか、男はいきなり鎌を扉に突きたてたんです。

で、その小屋はプレハブ小屋だったんで、鎌が貫通して、乙美ちゃんの右目に鎌が刺さってしまったんです。

乙美ちゃんはその瞬間、叫び声をあげようとしたんですが、私と甲男君で必死に口を押さえてました。

そのうち、たまたま通りかかった人に男は見つかり、私達は助かったんです。

その後、学校で心無い男子等が眼帯をしている乙美ちゃんの事を、鬼太郎、だとか、サイクロプス、海賊、等とからかうようになってしまったんですが、もともと気の強かった乙美ちゃんの事、負けてはいません。

眼帯を外してぽっかりと空洞になった右目を剥き出しにして、男子を追い掛け回したりしていました。




 

 - オカルト, 猟奇的な話 ,