アクセスランキング

【ゾッとする話】貧乏な女の子の「良い所」

   

子供のとき、貧乏な女の子がいました。

俺が、塾の帰りにお菓子を買ってダチと公園で食ってたら、いつも見てました。

たしか3つくらい下で、たまにお菓子を分けてやりもしたもんです。

たしか、借金がすごく

「死ねドロボウ!」

とか、張り紙がすごい家だった。




ある日、その女の子が、お菓子をいっぱい持ってた。

(今日は豪勢だなぁ)

と言ったら、とても嬉しそうに

「お母さんが、たくさんお小遣いくれたの。しかも、明日は良い所に連れていってくれるの。」

と、それはそれは嬉しそうでした。

(あぁ、借金のメドがついたんだぁ)

と思ってたら、

次の日

うちの母が

「○○さん(その子の家)の家、一家で心中だって!」

と言いました。

ああ…良い所へ連れて行くって「天国」だったんだね…




 

 - 猟奇的な話 , ,