アクセスランキング

【ゾッとする話】誰かが置いてくれた古文のテキストのおかげ

      2017/05/26

大学受験の直前

デキの悪かった俺は2年生のときの担任に

古文の小テストを毎日添削してもらっていた。

ある日、いつものように職員室へ行くと

「オレもいそがしくなっちゃって、悪いけど今度テキスト本渡すから、しばらくそれでガンバッテくれ!」

と言われた。

つぎの日、昼休みが終わり

教室に戻ると、机の上に古文のテキストがあった。

すぐに誰が置いていったのか解ったけど…




その日の11時ごろ、その先生は倒れて病院へ運ばれていたと知らされた。

その夜の先生の通夜の場で…。

試験当日、古文の長文読解にはそのテキストからの出題があった。

おれは偏差値で5足りなかった大学に合格した。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,