アクセスランキング

【ゾッとする話】親戚の葬式に出席してから始まった恐怖

   

小学生の頃の話。

怖くなかったらすまん。

ただ自分的にはトラウマなので書かせていただく。

親戚の葬式に行った。

私は産まれた時から神奈川に住んでるんだが、親戚は皆富山に住んでて、葬式も富山でやった。

その親戚に私はよくしてもらってたから、泣くわけではないけど、悲しくは思ってた。

葬式が終わっても、富山にはしばらく居て、遊んでた。

久しぶりに会った友達とゲームしたり遊園地行ったり。

神奈川に帰る日の前日。

親戚が事故にあった。

家の前で軽トラにぶつかったらしい。

腕を骨折するだけで済んだらしいが、お見舞いに行ってみると、

「○○ちゃん(私の名前)、もう帰った方がいいよ。○○ちゃんが怪我したらうち嫌やし。はよ帰り」

的な事を言われた。

意味がわからなかった。




三年くらい経ってから、気になって親戚に電話してみたら、親戚には霊感があったらしく

「あの時、○○ちゃんの周りを何かがうろちょろしていたのが見えた」

と言われた。

そういえば葬式に出た日から、私の周りでよく事故が起こるな、とか思ってたんだけど、勘違いだと思わないと、怖くて怖くて眠れなかった。

十年近く経った今書いたのは、先日、霊感があるらしい同い年の親戚が、車にぶつかって重傷だという知らせがきて、思い出したからです。

文に変な所があったり話も所々おかしい所があると思う。すまん。

書けてすっきりしました。

自分的には洒落にならない話なんだけど、そこまでじゃなかったらごめん。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , ,