アクセスランキング

【ゾッとする話】親がハマった珍しい入浴方法の恐怖

   

親が珍しい風呂にはまった。

牛乳をドパドパ入れてみたり、パセリを入れてみたり、ろくな風呂が無かった。

結局臭かったりなんだりで、桧の切れ端を入れる桧風呂に落ち着いたらしく、近所で切ってた桧の端切れをもらい、みかん網に入れて裏庭に干し、風呂釜に入れるのが家の標準風呂になった。

ある日、普通の風呂だなと思いつつ風呂に入っていたら、親が洗面所から桧の入ったみかん網を投げてきた。

そういうことか、と思い風呂釜に入れた瞬間…

ビチビチビチ!!

大量のムカデがプカプカと浮かび上がり、もがきながら陸地を求めて生肌に這い上がって来た。

振り払っても振り払ってもムカデ。

ムカデも必死。

振り落とされてはしがみ付き振り落とされてはしがみ付き、アゴまで来た奴もいて、半狂乱になった。

どうやら裏庭で干している時に、ムカデ御一行が桧のチップの隙間に入り込んだらしい。




思わず熱湯を頭からかぶりそうになった所で救出。

しこたま殺虫剤をかけられ、肌荒れ。

噛まれた箇所10ヶ所。

総勢13匹のムカデが風呂釜に浮いていた。

殆ど体長1.5センチ程度のちびムカデだから良かったものの、1匹10センチのムカデが風呂釜の底でユラユラ揺れていて、洒落にならない程恐かった。

極度の虫嫌いはショック死すると思われる体験でした。





 

 - 猟奇的な話 , ,