アクセスランキング

【ゾッとする話】確実にいる…!?横浜の某居酒屋

   

以前、横浜の居酒屋で働いていたのですが、そこであった私の体験です。

横浜の居酒屋は平日の終電以降はとてつもなくひまで、その日も深夜2時ごろホールは私と店長だけで、私は床の掃除をしていて、店長はレジ締めをしていました。

ホールには客はいないため、有線の音楽以外は何も聞こえない静かなものです。私も鼻歌を歌いながらもくもくと作業を続けていました。

しばらくして、ふと、有線が止まっている事に気がつきました。

店長が消したのかと思い、店長のほうを見るとレジ締めに夢中で有線の事には気づいていないようでした。

故障かな?

などと思いつつ再び手を動かそうとしたとき、人の声がした気がしました。

それは「スイマセン」という客に掛けられた声ではなく、

「ぁぁあぁぅうぅ…」

といううめき声のようなものでした。

その後、誰もいないホールに人が歩く音がしばらくしていました。

店長もそのことに気付いたのか不思議そうな顔をしていました。

しばらくすると音は聞こえなくなり、何時の間にか有線も復活していました。

幽霊かな?

などとそのときは気楽に構えていました。




しかし、その後不可思議なことが連続して起こるようになりました。

ある日、休憩中の友人が個室から泣きながら飛び出してきて震えていました。

話を聴くと、個室のカラオケのスイッチが勝手に入ったり消えたりするそうです。

また、女子トイレの鍵が掛かってるのに中に誰も入っていなかったり…。
私はその店をもう辞めてしまいましたが、今でもそのようなことはあるようです。

横浜の西口の、ビルの7階にある赤い看板の店です。





 

 - 怖い話/怪談 , , ,