アクセスランキング

【ゾッとする話】瞼の裏の月面…原因は電波受信!?

      2017/09/29

以前、別なところにも書いたんだけどもう一度書きます。

4、5歳の頃、寝る前に目をつむると月面が見える事があった。

はじめて見えたのがいつ、どうしてだかは思い出せない。

「見える見える。今日は見える…」

そう集中すると、ぽっ、とまぶたの裏に月面が映る。

上空数キロを飛びながら、眼下の月面を見下ろしている感じ。

黒ぐろとして荒れた大地が視野を流れていく。

不思議なのは、

・白黒映像な事。

・見える光景が、肉眼の視野よりはるかに広いこと。

目が左右1メートルくらいに離れた時のワイド画像というか。

・視野の左下に、何やら英語のテロップが明滅している事。




アポロ計画の記録映像にインスパイアされて、その映像が「見えている」だけなのかも、とも思う。

ただ、その当時はなぜか、リアルタイムで月面を見ているという直感があり、子供ながらに考えた推理が「アメリカの人工衛星の電波を受信している」だった。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,