アクセスランキング

【ゾッとする話】猫を轢き逃げした代償

   

一年ほど前に友人が猫を轢いた。

猫は執念深い生き物だから轢いても罪悪感を持ったり、かわいそうと思ったりしてはいけないと友人は考え、非情にもひき逃げをしたそうだ。

友人に異変が起こったのはそれから数日経ってからだそうだ。

いつものように真面目に講義を受けていると、どこからともなく

「にゃ~ん」

と猫の鳴き声が聞こえてきたのだ。

キャンパスには猫が多いが、教室にまで鳴き声が聞こえてくることなど今までなかったので、不審に思って周りをキョロキョロ見回してみると、他の受講者はそろって友人の方を見ているのだ。

いぶかしく思いながらも、講義に集中するとまた

「にゃ~ん」

と聞こえる。

そんなことがその日から頻繁に起こるのだ。

授業のときだけではなく、家に一人でいるときや仲間と飲んでいるときなどにもちょくちょく泣き声が聞こえるのだという。

ある日、友人に他の学生が話しかけた。




「どうして○○さんは授業中に時々猫の鳴きまねをするの?」

友人はびっくりした。

家に帰り、デジカムをセットして、自分を数時間撮影した。

それを見てみると、確かに自分が、無意識のときに

「にゃ~ん」

猫の鳴きまねをしているのだという。

轢き殺した猫の祟りだと恐れた友人は神社に供養に行き、猫を轢いた現場に魚を供えると、この不思議な現象はおさまったんだってさ。




 

 - 猟奇的な話 , , , ,