アクセスランキング

【ゾッとする話】無言電話の撃退のためにナンバーディスプレイ導入

   

恐いって言うか気持ち悪かった話

今から5年ぐらい前、俺の家の電話に無言電話がひどい時期があった。

ほぼ毎日、時間はまちまちだったが、

ある時期ぐらいから夜遅くにかかってくるようになってきた。

その無言電話は当然の如くまず無言なのだが

いつも後ろの方でなにやらガサガサ音がしていた。

段々家族全体で腹が立ってきてついに

ナンバーディスプレイを導入する事にした。

導入の二日後のたしか午後10時頃、

ついにその無言電話が掛かってきた

受話器をとるといつもどうりの無言とガサガサの音

ディスプレイを見ると番号がバッチリ出ていて

すぐに電話を切りその番号をかけ直した。

さてどんな事言ってやろうかなみたいに

考えながら番号を押した後、俺はかたまってしまった。




「この電話番号は現在使われておりません。番号をお確かめになったうえもう一度…」

へ!?だっだだって今、かかってきたばっかの番号だぞ!?

その後もなんどかかけても聞こえてくるのはテープの音声のみ。

一度諦めて受話器を戻し電話のある部屋を出ようとした時

電話がなり恐る恐るディスプレイを見るとさっきのつながらない番号…

受話器を取ってみるとテレビの砂嵐のようなザーという音が聞こえた。
気持ち悪くてすぐに切ってもう一度、かけてみたがやっぱりつながらなかった。

この日の後、この無言電話はプツリと途絶えた。

あれは誰かの手の込んだイタズラだったのかそれとも…

ま、別になにもなかったからよかったんだけどね…





 

 - 怖い話/怪談 , , ,