アクセスランキング

【ゾッとする話】消えた3万円!犯人はずっと…

   

高校生2年生の春、私はバイト代約3万円を机の上に置いたまま学校に行った。

学校まで片道1時間半。

高校を出たのが16時頃なので、家に帰ったのが18時前だったと思う。

帰ってみると、朝机に置いておいたはずの3万円が無くなっている。

とりあえず家族に聞いてみるが、みんな「知らない」の一点張り。

誰かが嘘をついてるんだろうなぁ。まぁ、一番悪いのはお金を置きっぱなしにしていた自分かもしれないな。

と思いながら、その日は少しだけ勉強して23時頃に寝た。

次の日、朝6時頃に目が覚め、7時頃に家を出て学校へ

それから半年後、警察官二人と一人の男がうちへやってきたらしい。

私はその場にいなかったので。

(対応した祖母が聞いた会話で、内容は大体↓の通り)

警察:お宅でお金がなくなった事がありませんでしたか?

祖母:さぁ、ちょっとわからないんですが。

警察:こないだ捕まえた男がお宅で盗みを働いたと自供しているので。

祖母:そういえば孫が春頃に「お金が無くなった」と言ってましたが。

警察:多分それですね

と言う感じ(祖母から聞いた話で、詳細はわからない)だったらしい。

その後詳しく聞いた話では、

男が金に困る

→今の所持金で電車で行ける所まで行って泥棒しよう

→たまたまうちが目に付いた俺の部屋へ

→3万円発見!

→俺が帰宅

→泥棒焦る




→隣の部屋(物置)へ逃げ込む泥棒

→逃げるに逃げられない

→朝、誰もいなくなったのを確認して逃げる

→別件で捕まる

→自供

という感じらしい。

壁一枚隔てた隣の部屋に一晩泥棒がいたってのを後から知って、ずっと((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルだった





 

 - 猟奇的な話 , ,