アクセスランキング

【ゾッとする話】新米ケアマネージャーの憂鬱

   

新米でケアマネージャーという老人福祉の仕事をしております。

仕事柄、いろいろな家庭環境を訪問するので怖い思いは結構したことあります。

霊感が無いのでオバケは見たこと無いのですが、こないだリアルに怖かったのは

認知障害のお婆さん(いわゆるボケ老人)が、自分の若かった時に描いてもらった自画像(水彩画)に一心不乱にご飯を食べさせているのを目撃した時は、立場上恥ずかしいのですがガクブル((((;゜Д゜)))でした。




いつも行った時、絵の口のところだけ紙が破れてて

「何だろコレ?」

って思ってたけど。

例えると呪怨に出てたばあ様みたいな感じ。

あと、こないだデイサービス通いを始めたじいちゃんは両足が無いんだけど、

必要事項記入欄に「事故のため切断」ってあったから

「何の事故かなぁ~?」

と思って聞いたら、

酔っ払って線路に寝てて轢かれたとのコトでした。
たまたま同じ会合に出てた隣人に発見されたから助かったそうですけど…

暗闇でそんな人発見したら小心者の自分は多分失神しますw





 

 - 猟奇的な話 ,