アクセスランキング

【ゾッとする話】懐かしい入院生活の思い出は…

      2017/03/10

俺には過去一度だけ入院経験がある。

その件で腑に落ちない点が発覚したので聞いてほしい。

入院したのはもう13年も前。

高校3年生の夏のことだ。

いつものように早起きの親父に声をかけられ、寝室(和室)で目覚めた俺は、立ち上がるなり目の前が真っ暗になって床に倒れこんだ。

体感的には立った状態から床に倒れた状態に飛んだ感じ。

倒れた衝撃やなんかは記憶に残っていない。

俺は高熱を出していた。

すぐさま親父の軽トラで、昔馴染みの田舎病院に運ばれた。

診断の結果、4日間の入院と聞いて驚いた。

何よりも皆勤賞がなくなってしまう…

とショックを受けたのを覚えている。

当時人見知りが激しく友人のいない俺は、勉強で周囲を見返すことだけが拠り所だった。

性格が悪いし、性根ではサボりたがりだから、今で言う真面目系クズというやつだ。

その表面的真面目ステータスの筆頭である皆勤賞が潰えてしまう…。

ガックリきてしまった。

入院が決まるとまずは入院の準備だ。

子供の頃から通っている病院だが、入院となるとどことなく印象が違う。

売店でスリッパを買った。

母と姉に図書館で「まんが日本の歴史」を借りてきてもらった。

(俺は日本史が不得意なので勉強の補助のつもりだった)

窓からの風景から思い出すに、病室は三階ぐらい?の高さだったと思う。

西向きの窓からは小さな島々と海が見えた。

小高い斜面から見下ろす格好だ。

T字通路の突き当たりの四人用部屋。

ドアから入って左奥の窓際が俺のベッドだ。

同室は中学生ぐらいの大人しそうな男の子が一人だけだった。

入院生活は人生初体験だらけだった。

まず、慣れない点滴を引きずる生活は不便だった。

「針が刺さってますからチューブに力かけないでくださいね」

と看護師さんに注意された。

びびりの俺は針が折れたらどうしようと、おっかなびっくりの生活を送った。

最後針を外したときは針と一緒に血の塊?がビロビロッと出てきて驚いたもんだった。

病人食も初めてだった。

まずくはないが、味気のない食事。

なんとなく漂う老人っぽい、病院っぽい臭いで、食欲はいまいちそそられなかった。

慣れない食生活とストレスのせいか、汚い話だが見たこともないゴッツイ一本糞が出て、和式便器の水量ではまったく微動だにしなかった。

恥ずかしながら同室の男の子の力を借り、ティッシュをうまいこと使って流し事なきを得た。

これをきっかけに人見知りの俺も同室の男の子と打ち解けた。

勉強を教えてあげたりゲームの話をしたりするようになった。

そんなこんなでワアワア過ごした病院生活も4日で終わり、無事退院となった。

同室の男の子は涙目で見送ってくれた。




社会人になった今では、日本にいるならいつでも会えるてなもんだが、当時自転車しか自力での移動手段を知らない自分にとっては、今生の別れだと感じてとても悲しかった。

皆勤賞が無くなったのは惜しかったが、入院もなかなか出来る経験ではあるまい。

いい思い出にはなったかな。

この10数年間そう思っていた。

先日、親父と電話で話した時のことだ。

入院している叔母の話になった時、ふと思い出して自分の入院話を持ち出した。

入院も長いとしんどいんだよなー。

俺もあの時はさー…

『あの時はなー…』という返しがくると思ったのだが、親父の反応が悪い。

どうした?

と聞いてみると、

『お前こそどうした?』

と逆に聞かれてしまった。

いやだから俺の入院の話。

『お前入院なんてしたことないだろ』

え、いやだから俺の入院の話。

『まじでどうした?』

よくよく親父と母と話してみると、俺に入院の経験は無い。

姉に聞いても同じことを言う。

皆勤賞もしっかりもらって実家にある。

でもあの病院での日々は、生々しい経験として記憶にある。

『そもそもうちの馴染みの病院から、海なんて見えんだろうが』

そうなんだ。

矛盾で頭が混乱している。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , ,