アクセスランキング

【ゾッとする話】後から聞いたらトンデモ風習

   

従妹が九州の名家ってのに嫁にいって妊娠したら、さみしかろーって、私とか姉とか他の従妹立ちが順繰りに呼ばれたことがあった。

夏休みの高い時期なのに飛行機代とかお小遣いまで出してもらって、でも、一人づつで変だとは思ったけど。

家は獄門島とか犬神家みたいに古くて大きかった。

九州らしく男尊女卑でゲーって家だったけど若い人は親切だった。

とにかく行ったら上げ膳据え膳だし、お金バンバンくれるし料理も酒も旨いし、着物までもらったりねーちゃん玉の輿だなーって従妹連中みんな驚いてた。

そしたら、あとで聞いてびっくり




従妹の結婚した家は、長男の嫁の産む子は男だと流産とか嫁ごと死んじゃうから、一緒の部屋に嫁の親族寝かせてそっちを連れて行かせようとする風習らしい(でも子供死んでるんだって)

でも、私を含めて遊びに行った従妹連中みんな元気。

金品いっぱいもらってウハウハでした。

でも、あのいい着物とか帯って生贄用の晴れ着??やべー

従妹は普通に男の子産んで今は3児の母。

貰った着物と帯で写真館も行ったけど、あれ遺影用??

でも、5人分も招待があったのは誰か死ぬまでやる気だったのかねぇ…

私は招待された5人目。

招待されてる間、心霊体験はなかった。

食事が魚ばっかでハンバーグとスパゲティ食べたかったことしか覚えてない。




 

 - 猟奇的な話 ,