アクセスランキング

【ゾッとする話】当事者は怖くないのに怖くなる

   

○○(芸能人のあるお方)が十年ほど前にテレビで喋ってたネタ。

たまたま乗り込んだタクシーの運転手の喋ってた話が

「怖くないのにすごく怖かった」

ある雨の夜、そのタクシーの運ちゃんが新宿のMビルの前で客をひろった。

客はどこといっておかしなところのない、普通のサラリーマン。

行く先は渋谷Kビル。

道中、不思議なこともなく、Kビルに到着。

客をおろしたとたんに、こんどは若い女がタクシーを止めた。

行く先は新宿Mビル。

珍しいこともあるもんだと思いながら

運転手は折り返し新宿に車を走らせる。

なんと、この夜は四往復、おなじことがつづいたそうだ。




その次の夜も、新宿の、そのビルの前を通りかかると、必ず客がいる。
そして、なぜか客が手をあげる瞬間、まわりにはタクシーの姿が見えず、その客をのせざるをえないことになってしまうのだという。

乗せると必ず行き先は渋谷Kビル。

客はみんな普通の人たちで、挙動不審な様子はかけらもなし。

怖くて新宿にはいけなくなったと、その運転手は話していたらしい。




 

 - 超常現象 , ,