アクセスランキング

【ゾッとする話】家賃滞納者の末路

      2018/06/05

俺は昔、不動産仲介の会社に勤めていたんだが、ある時、管理物件のオーナーから電話がかかってきた。

オーナーの物件の入居者が家賃滞納をしているらしい。

今月で2ヶ月分遅れていると言う。

入居者に電話をしても全く出ないと言うことだった。

その家賃滞納分を督促してくれという依頼だった。

で、早速俺は管理しているアパートまで行った。

滞納者の部屋の前まで行き呼び鈴を押す。

反応なし。

しばらく呼び鈴を鳴らしたり、ドアを叩いて名前を呼んだりしたが、不在なのか全く反応がない。

仕方ないので用意してきた督促状を郵便受けに入れるとその日は引き揚げることにした。

その日から一週間、入居者からの連絡等はやはり無かった。

こちらも物件を管理している以上、家賃を取り立てなければならない。

入居者は独り暮らしの60過ぎのじいさんだったが情けはかけられない。

『今月末までに家賃滞納分をお支払い頂けない場合は強制退去して頂きます』

という旨の書面を作成すると、それを持って再びそのアパートへ向かった。

呼び鈴を押すがやはり反応はない。

ドア越しだが部屋の中も生活をしているようなカンジがしない。

公共料金も払ってないのか電気メーターも動いていない。

「こりゃ、夜逃げだな」

そう思いながらも最後通告の書面を投函すると俺はアパートを後にした。

結局、月末まで待ったが入居者からの連絡はやはり無かった。

仕方ないので、その日管理キー(合い鍵)を持つと俺はアパートへ行った。

アパートの前に着くと事前に連絡しておいた、この物件のオーナーが待っていた。

「おそらく夜逃げですね」

「まったく、やられたな~」

二言三言会話を交わすと、俺とオーナーは部屋の中にどれくらい荷物が残っているか、汚れ具合(改装にいくら位かかりそうか)を見るために部屋の方まで行った。

合い鍵でドアを開ける。

ドアを開けた瞬間、何とも言えない臭いが鼻を突く。




一瞬で俺とオーナーには察しが付いたが、警察を呼んで間違いでした、じゃマズかろうということになり、とりあえず“ブツ”を見つけようということになった。

嫌々ながら部屋に入ったが思いの外、臭いが強烈ではなかったので、実際はこんなもんなのか、と思いながら探索する。

部屋は2DKだったので、すぐに“ブツ”は見つかるだろうと思っていたが見当たらない。

天井からぶら下がってもいないし、押し入れの中で干物になってもいなかった。

「ないですね」

「ないなぁ~」

何かの勘違いかとも思い始めたが、とりあえず探す。

俺が脱衣所の扉を開けた時、それまで微かだった臭いがひどくなった。
「オーナー、ココみたいですっ!」

慌ててオーナーを呼ぶ。

脱衣所には洗濯機が置いてあるだけだ。

「ひょっとしてバラバラにされて、この中とか…」

「…殺人事件?」

「臭いのひどさからして、間違いないから警察呼びましょう」

「…うん、そうやね…」

と言いつつ興味本位かのけぞりながらオーナーが洗濯機のフタを開けた。

恐る恐るのぞき込む。

「あら?」

中には何も無かった。

じゃあ、この臭いの根源は?と思いつつピッタリと閉まっている風呂場のドアを見る。

おそらく今度は間違いないだろう。

心臓をバクバクいわせながら風呂のドアを開ける。

パッキンで上下を密封されたドアが開くと、ものすごい悪臭。

「うわっ!」

とっさに鼻をつまみながら涙目で風呂の中をのぞく。

浴槽の中には肉片のついた白いものがプカプカとドス黒い水の中に浮かんで…

どうやら、風呂に入っている時に死んじゃったらしい。

もちろん検死なんかできるはずもなく…

風呂場の密閉がしっかりしていた為、臭いが漏れなくて近所の人も気付かなかったらしい。

その後、部屋は風呂場を100万近くかけて改装。

今も貸し出し中…





 

 - 猟奇的な話 ,