アクセスランキング

【ゾッとする話】家にある日本人形のある一部分がだんだんと…

      2016/12/21

家にある日本人形がどうにも怖い。

昔から家族で俺だけがその人形を怖がっていた。

その日本人形の置いてある所は和室のちょうどタンスの上で、その横にもう少し高さのあるタンスがある。

だから高さのあるタンスのせいでその日本人形が置いてあるタンスの方は死角でほとんど見れない。

つまり日本人形もギリギリ髪の毛程度しか見れない。

この前、和室の横にあるリビングでパソコンしていて、ふと和室の日本人形の方を見ると人形の髪の毛とおでこが見えた。

その時はああ、俺も背が伸びたから人形のおでこまで見えるようになったんだ程度しか思わなかった。




数日たってまたリビングからタンスをみると今度は人形の目の所ぐらいまで見えた。

さすがに今回はまた背が伸びたとは思えなかった。

気になってさらに数日たった時、タンスに近づいて人形をタンスから降ろして、見てみた。

人形の足から首元までは変わった所はない。

ただ、首元から顔までにある首がどう考えても変なぐらい伸びていた。
なんなんだ?

と思い人形の首を軽く引っ張ってみるとスッと抜けた。

構造上、こうなってんだなと思ったがなぜ人形の首が伸びたんだろうか。
そして人形の首を元の所まで押して、またタンスの上に置いた。

だが、今も人形の首は伸びている。

今日も鼻の少し上あたりまで見えている。

その様子はまるでタンスの陰からを首を長くしてずっと俺をみているようだ。





 

 - 超常現象 , ,