アクセスランキング

【ゾッとする話】子供には悪さしない困った人

   

小学生の頃、ばあちゃん夫婦に連れられて福岡県の篠栗お遍路に連れて行かれた。

一日で何十カ所のお寺を巡るのは小学生の俺には退屈だった。

初日の晩はあるお寺に泊まった。

その日は蒸し暑く俺はなかなか眠りにつけなかった。

布団の中で悶々としていると

「参ったなぁ…参ったなぁ…」

と言う低い声が聞こえてきた。

俺は

「おじいちゃん?」

と呼びかけて、じいちゃんの方を見てみたがじいちゃんはイビキをかいて熟睡、ばあちゃんも同じだった。

俺は怖くなって布団の中に潜り込み必死で耐えた。

するとその声はだんだん大きくなった。




ジイちゃんのイビキとミックスされ俺はパニクった。

泣きながらばあちゃんを無理矢理起こして事情を伝えた。

俺は汗でびしょびしょだった。

ばあちゃんは俺に優しく

「大丈夫だよ」

と言ってくれたが俺は怖くてたまらんかった。

翌朝、6時頃から住職の説教が始まったのでそれに参加させられた。

俺は坊さんにその夜にあったことを話した。

すると坊さんは一瞬、目をそらしこう言った。

「大丈夫、子供には悪さしないから。」

いったい何だったのか





 

 - 怖い話/怪談 , ,