アクセスランキング

【ゾッとする話】大型車の交通事故後に判明した驚愕の事実

   

アメリカの高速道路で11トン車2台が居眠り運転で正面衝突しました。

一人ずつ乗っていた運転手は死に、ものすごいスピードで正面衝突したため、運転席が一体になってしまい、合計20トン以上ある残骸は動かせなくなってしまいました。
さすがにそのままでは交通の妨げになるので、とりあえずの処置として残骸を道の横に寄せ、その周りを囲いでかこんだということです。

しかし1ヶ月ほど経つと、

「ものすごい腐敗臭がする」

と苦情が出始めたのです。




州の責任者は、運転手の死体は事故直後に片付けたはずなので、コンテナの中に何か入っているのではないかと思いました。

ちょうど州政府の不正などで世論の風当たりが強かった頃なので、ほっておくわけにはいかなかったのでしょう。
莫大な費用をかけて車を解体してみると…

中から家族4人が乗ったワーゲンが出てきました。

2台の事故ではなくて、3台の事故だったのです。




 

 - 猟奇的な話 , ,